お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

【女性の本音】「潔癖な男性」と「不潔な男性」、結婚するならどっち?

ファナティック

一緒に住む人と、価値観やものの考え方が大幅に異なると、強いストレスを感じますよね。その人が、一生のパートナーであるとしたら、余計にそのストレスは大きくなるでしょう。特に、生活への考え方のちがいは、離婚の原因にもなりかねないものです。そこで今回は、日常生活で欠かせない「衛生観念」に注目してアンケートをとってみました。

Q.「潔癖な男性」と「不潔な男性」、結婚するならどっち?

「潔癖な男性」……74.6%
「不潔な男性」……25.4%

女性たちに質問してみたところ「不潔な人より、潔癖な人のほうがまだいい!」という回答を支持する人が7割以上もいました。では、それぞれの回答を選んだ理由を教えてもらいましょう。

<「潔癖な男性」派の意見>

■部屋はキレイになるし

・「うるさそうだけど、部屋はキレイに保てそうなので汚いよりそっちのがよさそう」(24歳/その他/事務系専門職)

・「キレイに越したことはない。汚いのはキレイにしても汚される。体調に影響が出そう」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「不潔なのは気持ち悪いから。子どもが産まれたら困りそうだから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

潔癖すぎて、うるさいのは確かに考えものですが、とりあえず、部屋は常にキレイに保たれますからね。不潔な部屋で不快感を覚えることはないでしょう。

■自分は掃除の手間がない!

・「自分で掃除して貰えば掃除の手間が省けそうだから」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「私の代わりに掃除してくれるのなら別に構わない。担当する家事が少なくて助かりそう」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「掃除してくれそうだから」(28歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

潔癖な人は、得てして掃除好き。掃除をしないと清潔な状態は保てないのだから当然です。掃除という比較的手間のかかる家事をパートナーにお任せできるのはいいですね。

では次に、「不潔な男性」を選んだ女性たちのコメントを見ていきましょう。

<「不潔な男性」派の意見>

■私が掃除すればいい

・「潔癖な人は、自分のこだわりが強そうなので、自分の思い通りのほうが楽そうだから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「潔癖症にはあわせられないけど、不潔はある程度改善させることができそう、または私自身が共同スペースを清潔に保てばよい」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

掃除、整理整頓が苦ではないのなら、自分がやればいいだけの話。掃除の仕方について、アレコレ注文してこない分、こちらのほうがストレスが溜まらないかもしれませんね。

■潔癖の人が苦手

・「私が潔癖が苦手だから」(27歳/自動車関連/営業職)

・「潔癖な人は細かすぎて息が詰まりそう」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「私自身けっこうだらしない部分があるので、潔癖な人と付き合ったりしたらいろいろ怒られそうだから」(33歳/不動産/専門職)

あんまり熱心に清潔感を保とう、とがんばれない女性からすると、潔癖で、掃除に細かいことを言う男性は、ストレス以外の何ものでもありません。だらしないことをしたら、いちいち注意されそうですものね。

■まとめ

潔癖な男性も、不潔な男性も、一長一短あります。ちょうどいいのは、やっぱり程よく掃除が好きな男性。一緒に生活するのなら、同じような価値観で、快適に過ごせる空間を協力して作っていける男性のほうが断然いいはずです。家事への考え方も、結婚する前にきちんと確かめておきたいポイントですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月13日~7月19日
調査人数:118人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]