お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

もうっ、バカヤロー!! 今までの人生で「一番激しいケンカ」11

ファナティック

みなさんは激しいケンカをした経験はありますか。ときに愛情は、激しい怒りに変わってしまうことも……。今回は、今までの人生で一番激しいと感じたケンカについて、アラサー女性に聞いてみました。

■浮気は許せない!

・「浮気していて、そのことを隠していたときに、ブチ切れてそのまま帰った」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「彼氏が風俗に行っていると知って、彼氏の弁当箱を壁にぶつけてしまったこと」(32歳/金融・証券/専門職)

・「彼氏が浮気しているのがわかって、大ゲンカしたことがある」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

浮気に対して、怒り心頭に発してしまう女性は少なくありません。相手を信頼しているからこそ、女性に与えるダメージは大きく、それに伴いケンカもヒートアップしがちになってしまうのではないでしょうか。

■異性との食事

・「私がほかの人とご飯に行ったのがばれて、怖かった」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「男友だちと会うことを全否定されたこと」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

浮気とまではいかなくても、異性と会われるのは、やっぱり嫌。と感じる方も多いのではないでしょうか。自分以外の異性と楽しい時間を過ごしていたのでは。と想像すると、怒りがこみあげてくるかもしれません。

■嘘がきっかけです

・「お互い嘘をついていて大ゲンカ」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「嘘をついたこと」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

信じていたことが、嘘だった。というケースも、やはり激しいケンカの原因になりやすい要因です。どのような嘘であれ、知ってしまった相手は傷ついてしまいます。

■そのほか、こんなことがきかっけで……

・「私の年収を彼が両親に話したようで一方的に怒ってしまった。怒りに任せて『私たち価値観が合わないね、将来一緒にやっていけないね』と言ったら彼も逆ギレ」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「お互いによそよそしさが抜けず、イライラしてケンカしたことがあり、別れる寸前までいった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「彼氏の誕生日に買ってあげたティファニーのブレスレットを間違えて捨てられたときに、大ゲンカしたことがあった」(29歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「元旦のデートに遅刻してきて、寒空の中待っていたとき。寒すぎてキレてしまった」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

激しいケンカの原因は、人によってさまざまのようですが、裏を返せば、相手への気持ちの表れであったり、理解してほしいという心の叫びが深層心理にはあるのではないでしょうか。

■まとめ

恋人との関係を良好に保っていくためには、たとえ激しいケンカを経験したとしても、そのあとには、相手への思いや理解がより深まるものであってほしいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月20日~7月26日
調査人数:100人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]