お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

太さよりも……! 男性が幻滅する女性の「足元」3選

ファナティック

露出が増えるぶん、夏場は足元のオシャレも気になるもの。サンダルになったりショートパンツを履いてみたりと、涼しげな雰囲気を演出しようとすると、それまで目立たなかった部分もハッキリ見えてしまうことにもなりますよね。ケアを怠っていると、男性にガッカリされてしまうこともあるようで……。そこで今回は、社会人男性のみなさんに思わず幻滅してしまった女性の「足元」の特徴について聞いてみました。

【女子力急上昇!? あなたに似合う“自分磨き”診断】

■爪やムダ毛のケア不足

・「爪が割れていた。そのほかの部分は完璧に近い感じの人物だったので、ガッカリというか残念に感じたことがある」(32歳/商社・卸/営業職)

・「マニキュアを塗っているが、欠けていたり剥がれたりしているのを見たとき」(37歳/情報・IT/技術職)

・「足の指に毛が生えてる。正直、冷める」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「初めてのデートで、ふと足を見るとすね毛がポツポツと生えていた」(23歳/医療・福祉/専門職)

足元は見えないようで、意外と見られているもの。ネイルが剥がれかけていたり、爪がかけていたりすると思った以上に男性たちをガッカリさせてしまうようです。また、ポツポツムダ毛や足の指の毛など、剃り残しもNG。素足になるときには、ネイルやムダ毛のケアがしっかりできているか確認しないとダメですね。

■肌が……

・「夏場の虫刺され跡がたくさん残っているのを見るとガッカリする」(35歳/情報・IT/技術職)

・「細くてキレイな脚だったのに、靴下を脱がしたときカサカサの肌触りにガッカリ」(38歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・「脚がそこそこ太いのはそんなに気ならないですが、ぼこぼこになってるセルライトはちょっとガッカリしてしまいます」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

肌荒れや虫刺されの跡なども素足になるとかなり目立つようですね。ボディローションなどでのケアを続けるのはもちろんですが、虫刺されの跡など消えにくい物については専用の薬を試してみるのもアリかも。どうしても気になるときは、ファンデを薄く塗ってカバーしておくと自信を持って脚を露出できそうです。美脚の大敵であるセルライトも、見た目の印象をマイナスにしてしまうので、しっかり撃退しておきたい!

■足元のオシャレをしていない

・「服はキレイめなのに靴がくたびれている」(31歳/その他/事務系専門職)

・「完全にスニーカーや動きやすい履物のほうがいいときにパンプスを履いてきたとき」(39歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事場とはいえ、スーパーで安売りしてたようなスニーカーを履いてきてると、さすがに引く」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

ケアももちろん大事ですが、「足元のオシャレ」をしているかどうかもしっかりチェックされています! 洋服に合った靴を履いていなかったり、TPOに合わない靴を履いていたり。オシャレは足元からという言葉もあるように、どんなにオシャレをしていても足元がイケてないだけで台なしに。出かける前には全身を鏡でチェックしてチグハグになっていないか確認したほうがよさそうです。

■まとめ

キレイな脚だなと思ってじっくり見てみるとムダ毛が残っていたり、肌荒れしていたり。期待していただけにガッカリ度も高いという男性は多そうです。オシャレをするときには靴までトータルで考える、素足になるときにはスキンケアやムダ毛処理を怠らないということが大事かも。せっかく脚見せをしているのにそれが原因でガッカリされることのないよう、しっかりとお手入れを心がけて、男性に好印象を持ってもらいたいものです!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月14日~16日
調査人数:397人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]