お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ワンナイトラブの相手は「本命彼女」になる?⇒6割以上の男性が「〇〇〇」と回答!

ファナティック

男女の関係とは、実に複雑なものです。恋愛関係の中には「カラダから始まる恋」もありますよね。感情の勢いのまま、ワンナイトラブをしてしまった女性が、その後男性にとっての「本命彼女」になることって、あるのでしょうか。女性としては気になる、男性の本音! セキララな意見を、アンケートで教えてもらいました。

Q.なにかのきっかけでワンナイトラブした女性は、本命彼女になりますか?

「なる」……36.3%
「ならない」……63.7%

「ならない」と考える男性の方が、多数派であることがわかりました。「なる」と思う理由、「ならない」と思う理由を、それぞれ詳しく紹介します。

<ワンナイトラブした女性は、本命彼女に「なる」と思う男性の意見>

■好意があったはず……?

・「気が合うからワンナイトラブしたと思うから」(31歳/自動車関連/その他)
・「好意がある女性だから関係を持つので、付き合うことを前提に考える」(37歳/金融・証券/営業職)

ワンナイトとはいえ、カラダの関係を結ぶまでには、なにか感じるものがあったはず! まったく好意が持てない相手と一夜をともにすることは、苦痛でしかありませんからね。その好意を上手に育てることさえできれば……本命に変わることも不可能ではないと言えそうです。

■セックスの先に

・「好きなところが見いだせれば、ワンナイトでも継続する可能性はあるから。誰にも負けない魅力的なところが必要」(38歳/情報・IT/技術職)
・「その後の付き合い次第だと思う。一緒にいて気が合えばそのまま付き合う」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「自分は、ワンナイトラブ後に全然連絡を続ける気持ちはなかったけれど、相手から積極的にその後もうれしいアプローチがくれば、自分も次第にうれしくなり本命彼女になると思います」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

2人のセックスが盛り上がり、「もっともっと一緒にいたい!」と思えるようになれば、男性の中に「もったいない」気持ちが芽生えます。自分から積極的にがんばることも必要なのでしょう。

では次に、多数派意見を紹介します。

<ワンナイトラブした女性は、本命彼女に「ならない」と思う男性の意見>

■割り切りワンナイト

・「初めから割り切っているのでなりえない」(32歳/食品・飲料/技術職)
・「お互いに割り切って二度と会わないと思う」(33歳/商社・卸/営業職)

そもそもワンナイトラブをする相手は、「気持ちが割り切れる相手」という意見が目立ちました。トラブルを避けるためにも、ここは重要なポイント。後腐れない関係に、「先」は存在しないのでしょう。

■2人の関係は?

・「最初の時点で、彼女にしたいかどうか考えているから。彼女にしたいときはワンナイトにならない。その場で付き合えって言うので」(37歳/機械・精密機器/営業職)
・「本命なら行為の前に付き合うと思う」(36歳/学校・教育関連/専門職)

本命彼女は、男性にとってこれから先も大切にしていきたい相手です。行為の前に確かな言葉が聞けなければ……残念ながら男性の気持ちは「そこまで」と言って良さそうです。

■自分は棚上げ

・「ワンナイトラブするような女は信用できないので」(28歳/その他/その他)
・「軽い女性としか思えないので、彼女にはしたくない」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

自分のことは棚に上げて? こんな意見もありました。ワンナイトラブを許してしまう女性に対して、「軽い」と思う男性も多いはず。将来的にも不安が切り離せないことを考えると……本命として見るのは難しいのかもしれません。

■まとめ

ワンナイトラブの先に続く本命彼女への道……男性意見からすると、「かなり厳しい!」というのが現実だと言えそうです。「いいな」と思う相手を見つけたら、まずは「ワンナイトラブの相手にならない」ということが大切。幸せな恋を手にするため、ぜひ頭に入れておいてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数102件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]