お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ホント、愛してる……(泣)生理痛でツライときに、彼氏がしてくれたらうれしい気遣い4つ!

ファナティック

女性特有の生理。男性はたとえ彼女であっても、痛みや苦しさを知ることができません。ですが、痛みを想像して気遣ってくれる人もいますよね。生理で苦しんでいるときに、彼氏がしてくれてうれしかった気遣いは何ですか? 働く女性たちにそんな生理にまつわる経験談を教えてもらいました。

■まずはあたたかい飲み物!

・「あたたかい飲み物を用意してくれる」(27歳/機械・精密機器/その他)
・「あたたかい飲み物を買ってくれた」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「あたたかい飲み物を差し出してくれる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

生理痛は冷えで悪化すると言われています。彼にあたたかい飲み物を差し出されれば、配慮も感じられて、心もあたたかくなりそうですよね。

■食事を用意

・「そっとご飯を作ってくれる。家事など気にしないでいいよという気遣いがありがたいです」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「おかずとかご飯を作ってくれる」(22歳/自動車関連/事務系専門職)
・「心配してご飯を作ってくれたこと」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

生理中の体調は絶不調。男性が、いつも食事を用意していた女性の代わりに何か作ってくれると、安心しますね。

■休憩させてくれる!

・「『ちょっと休もうか』と言って、カフェなどに連れて行ってくれる」(29歳/学校・教育関連/専門職)
・「布団をかぶせて、『大丈夫? 今日はゆっくり休もう』と言って添い寝してくれたとき」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「無理に出掛けようとしないで適度に放っておいてくれること」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

女性が生理痛のためにデートができなくなるのは、男性のせいではありません。それでも怒らずに優しくしてくれる人は素敵ですよね。

■カラダをさする

・「痛かった腰をずっとさすってくれたこと」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「お腹に手をのせてあたためてくれたこと。その優しさがうれしかったから」(32歳/金融・証券/その他)
・「背中をさすってくれたり、カラダをあたためようとしてくれると理解があると思う」(30歳/ソフトウェア/その他)

さすったり、あたためたりと、カラダに対するいたわりはさまざま。物理的に優しくされるとうれしいものです。

■まとめ

その存在は知っていても、男性にとってはなじみのない生理。ですが彼女の様子を見ているうちに、こういった優しさを発揮してくれることもあるんですね。生理を厄介ごとととらえず、女性に寄り添ってくれるような男性が彼氏だと、本当にこの人と付き合ってて良かったと心から思います。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数142件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]