お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ママ

白米にシチュー!? 結婚して驚いたパートナーとの「育ちの違い」6選

フォルサ

白ご飯にシチュー!? 結婚して驚いた「パートナーとの育ちの違い」

結婚して一緒に生活をしていくと気になってくる”育ちの違い”。育ちがちがうと、価値観などさまざまな所でズレを感じることもありますよね。今回は、結婚して驚いたパートナーとの育ちの違いについてのアンケート調査を実施しました。

■食べ物

・「妻は結婚するまでレトルトカレーを知らなかった」(31歳男性/その他/その他)

・「食器の置き方にこだわったり、冷蔵庫にあまり食べものを入れないところ。味が落ちるんだって」(34歳男性/自動車関連/技術職)

・「赤みそ大好き。愛知県出身だから」(35歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「畑からとれたて野菜をいつも料理に使っていること」(30歳男性/学校・教育関連/専門職)

レトルトカレーを知らないなんて、どこのお嬢さんと結婚されたのでしょうか。冷蔵庫を利用しない方は、暗所に食材をおいて保存しているのでしょうか。夏場は食材が腐ってしまわないか気になります。取れたての野菜を料理に作ってくれるなんて、まさに男性はねがったりかなったりの状況ですね。そんな“違い”ならいくらでもウェルカムですね。

■食べ方

・「何でもソースをかけるところ」(38歳女性/その他/その他)

・「お茶はお茶わんで飲む」(37歳女性/その他/事務系専門職)

・「カレーを食べる時にスプーンではなくフォークで食べる」(39歳女性/医療・福祉/その他)

・「卵焼きが甘い味付けじゃないと食べない。私は甘い卵焼きは知らなかったのでびっくりした」(39歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「シチューがメインで白ご飯にかけて食べること」(28歳男性/団体・公益法人・官公庁/その他)

なんにでもソースをかけたり、マヨネーズをかける人っていますよね。自分が食べるわけではありませんが、パートナーがやってるのを見たらついストップをかけてしまいそうです。また食器の使い方が面白いひとも。カレーをフォークで食べるのは少々食べずらい気もしますがどうなのでしょうか。

■あいさつ・コミュニケーション

・「おはよう、おやすみ、行ってきます、ただいまを言わない」(29歳女性/医療・福祉/専門職)

・「食事のときのいただきますやごちそうさまを言わないこと」(38歳女性/医療・福祉/専門職)

・「家族間ではあいさつをしないこと」(25歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「話すときに主語がなく、実家では主語がなくても理解してもらえたらしい」(27歳女性/その他/その他)

おはよう、おやすみ、いってきます、ただいまといった、基本的あいさつを家族でしないといったショッキングなコメントが。一緒に生活しているのにそれってどうなのでしょうか。親しき仲にも礼儀ありですよね。

■行事に対しての考え方

・「家族の誕生日や親の結婚記念日などを祝ってこなかったらしい。親の誕生日や年齢を覚えてない」(28歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「妻は年間の行事やイベントは必ずやる家庭で育つている」(38歳男性/その他/営業職)

相手が今まで誕生日などのイベントごとを家族で祝ってこなかったという人も。とはいえ記念日は家族の絆を強めたり、再確認する大事な行事。できるだけ家族みんなで祝いたいですよね。

■両親・親戚付き合い

・「父の日母の日のプレゼントなどのイベントをまったくしない家だったらしくものすごい感謝され驚いた」(36歳女性/その他/その他)

・「親戚との付き合い方。自分はかなり淡泊だが、相手方はかなり密な付き合い」(37歳男性/不動産/専門職)

親戚付き合いの仕方で違いがあるといった回答もたくさん寄せられました。できれば親戚つきあいはさらっとすませたいものですが、相手の親戚によっては濃厚な関係を求められてしまうかも……!

■金銭感覚

・「お金の管理が雑」(38歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「金銭感覚の違い。無くしたり壊れたりしたら何でもすぐ買えばいいと思っている。物を大事にできていない」(28歳女性/その他/その他)

・「金銭感覚の違い。小銭をはした金だと思い何の執着もないところ」(35歳女性/その他/その他)

やっぱりあがったのが金銭感覚の違い。お金の価値観は育った家庭の経済状況にかなり影響されるので、避けても通れない問題ですよね。あまりにも金銭感覚に違いがあると、仲たがいしてしまう?

■まとめ

いかがでしたか? クスっと笑ってしまうものから、あるある! と共感してしまうものまでさまざまあったのではないでしょうか? 違う家庭で育ったもの同士、育ちの違いがあるのは当然。でもそれを、個性だと思って割り切るのも、自分が相手に合わせるのも、わが家のルールを新たに確立するのも夫婦次第。いい家庭環境が築ければ何よりですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月8日~7月10日
調査人数:407人(22歳~39歳の男女)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]