お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

一体、何があったの……? 美人の激変に驚いたこと5選

同窓会などで久しぶりに同級生に会ってその変わりように驚いたことはありませんか? 特に目立っていた人などが変わっていると驚いてしまいますよね。今回は、「美人だった女性の変わりように驚いたこと」について働く女性に聞きました。

【老けは日常から! 「オバサン要素」診断】

■太っていた

・「キレイだった子が太くなっててびっくり」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「美人だった人が数年後に太っていて変わってしまった」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「昔は美人だったのに、お酒を飲めるようになったら毎日飲んでいて、久しぶりにあったら顔がパンパンに膨れていました」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「昔かわいかった友だちがお酒太りで老けていた」(24歳/金融・証券/営業職)

やはり多かったのが「太ってしまった」という回答でした。当時の体形を完全に維持することは難しくても「太った」とまわりにもわかるほど変わってしまうのは悲しいですね。

■老けていた

・「久しぶりに会ったら、目元のシワがすごかった」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「学生時代は美人で注目されていた子の就職して三年くらいたってから会ったらとても痩せて老け込んで見える感じになっていて驚いた」(32歳/自動車関連/技術職)

・「出産や育児などで忙殺された元美人がむちゃくちゃ老けたのには驚きました」(32歳/その他/その他)

老化は仕方がないことですが、できたら「あの人、年齢とともに深みを増すよね」と言われたいものです。

■髪型のせい?

・「髪型を変えてから、一気におばさんみたいな風貌になった」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「髪型にチャレンジしすぎて三戸なつめの失敗バージョンみたいな女性に驚いた」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

髪型は人の印象を左右する要素として大きいもの。逆に言えばヘアスタイルを変えるだけで若返ることもできるのではないでしょうか。

■肌と髪が命?

・「髪の傷み、肌アレが目立って見る影もなくなった女性の変わり様、やっぱり髪と肌で印象の大部分が決まるんだと思った」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「肌荒れと髪の手入れがあまりできていなくて変わった」(22歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

肌と髪のお手入れを心がけるだけでも随分ちがいますね。

■過去の栄光

・「昔自分がきれいだったことを忘れられないのかアラサーになっても当時のメイクのままで古くさくなっていて驚いた」(27歳/不動産/秘書・アシスタント職)

昔キレイだった人にありがちなのが過去の栄光を忘れられないというものなのではないでしょうか。「昔はキレイだったし、今もキレイ」と言われたいですね。

■まとめ

いかがでしたか? みなさんも同窓会や結婚式で久しぶりに友だちに会った際に経験したことがあるのではないでしょうか。自分もそう思われていたら嫌なもの。手抜きをしないで毎日をていねいに生きたいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年7月にWebアンケート。有効回答数129件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]