お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

あの努力はいったい……男性が思う「仕事役立たない教科」ランキング

一生懸命頑張ったけれど、いざ社会に出てみたら驚くほど通用しないのが学生時代に学んだ知識。そこで実際、「仕事に最も役立たなかった」と感じる教科はどれか、社会人男性に聞いてみました。

Q.男性に質問です。学生時代(小中高大)に習った教科で今の仕事にまったく役に立っていないと思うものはなんですか?

第1位 数学……9.9%

同率第1位 英語……9.9%

第3位 理科……9.4%

第4位 歴史……7.9%

第5位 家庭科……6.9%

今回のアンケートでは、なんと数学が1位という結果に。数があふれる仕事の現場で、数学の知識が通用しない理由とは? その他、それぞれどう役に立たなかったか詳しく聞いてみましょう。

■算数は役に立ったけど数学は意味ない

・「数学。生活では足し算や引き算などの算数ばかりでほとんど使わない」(33歳/食品・飲料/その他)

・「数学。小学生の算数までは分かるが、因数分解や証明、そんな知識は全く必要ない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

社会に出てからパタッと目にしなくなるのが、数学の因数分解や証明問題。専門分野に進む人なら絶対に覚えておきたい知識かもしれませんが、一般人にはあまり意味なし!?

■実践ではあまり役に立たない英語

・「英語。仕事中、外国人のお客さんにし質問されても答えられない」(34歳/運輸・倉庫/その他)

・「英語。外国の方と接する機会がないので」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

学生時代に学んだ英語は「実践的な会話」にはあまり役立たないことが……。「国際化」があまり進んでいない分野に就職すると、ほぼ英語は使わないですよね。

■理科の知識は一生使わないかも?

・「理科。専門分野に進まない以上、人生においてほぼ使うことはない」(31歳/その他/その他)

・「化学。まず化学式が出ない、使わない」(33歳/その他/その他)

普通に生活する上で化学反応を意識しなければならないシーンはあまりないもの。専門分野に進まない人は、理科の知識をほぼ一生使わないかも……と思うことも多いですよね。

■歴史で暗記した知識は一体……

・「歴史。特に昔になればなるほど必要でない」(34歳/情報・IT/事務系専門職)

・「歴史、古典。当時テストのために苦労して覚えたが、社会に出て一切役に立っていない」(32歳/機械・精密機器/その他)

歴史で苦労して覚えた年号と、その当時起こった出来事。ただこれもごくたまに話題のネタとして使うだけで、仕事に直接はつながらないことが多いかも?

■実生活では役立つけれど、仕事では使わない家庭科

・「家庭科。少なくとも仕事では針仕事や包丁仕事はしないから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「あえて言うなら家庭科の選択の授業。裁縫とか編み物とかは仕事では使わないもの」(30歳/建設・土木/技術職)

実生活では役に立つけれど、仕事ではあまり必要ないのが家庭科で覚えたこと。特に男性は必要ないと感じやすいかもしれませんね。

■まとめ

学生時代に何日も徹夜して覚えたことが、社会で全く意味をなさない……なんて、あの当時は思いもよらなかったですよね。ただ覚えたことはどこかで自分の役に立ち、自分の基礎を作ってくれているはず。そう信じておくしかない!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数201件(25歳~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]