お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

見るんじゃなかった! 女子が興ざめした男子のスマホの待ち受け画面4選

ファナティック

スマホ素敵だなと思った男性の意外な一面をみて、気持ちがいっきに冷めてしまった! という経験をしたことはありませんか? ここさえなければ、完璧だったのに……なんて思うこともありますよね。そこで今回は社会人女性のみなさんに、ドン引きしてしまった「男性の携帯電話の待ち受け画面」についてエピソードを聞いてみました。

■かわいいアイドルに夢中

・「アイドルのキス顔を待ち受けにしてたときは引きました。それを見てニヤニヤしていたのにも引きました」(24歳/金融・証券/営業職)

・「グラビアアイドルを彼女だと言い張って待ち受けにしていた」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「アイドルの画像。気持ち悪いから」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

どれだけお気に入りのアイドルがいたとしても、携帯の待ち受けにしていたら、好きな気持ちも冷めてしまうかも。もしくは、アイドルにヤキモチをやいてしまう女子も少なくないかも。

■アニメキャラ

・「アニメキャラの女の子の画像。オタクなんだなと思った」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「萌え系のアニメキャラの絵。その人がイケメンでもなんかイヤ」(28歳/建設・土木/技術職)

・「アニメの主人公の画像でした。ちょっとマニアックだったらから、イヤだ」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

最近ではアニメオタクであることを自らカミングアウトする人も多くなってきましたが、萌え系のアニメキャラにお熱な男子の気持ちが理解できない、という女子はまだまだいるようです。

■自撮り

・「自撮りした写真。上手く撮れたらしいが、ナルシストはあまり外に出さないでほしい」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自撮りは引いた」(24歳/小売店/事務系専門職)

・「自撮り。ナルシストっぽい」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

なかには自撮り画像を待ち受けにしている男性もいるようです。実際はナルシストというわけではなくても、そう感じてしまうと、いろんな意味で引いてしまうかも。

■彼女の写真

・「彼女とのプリクラのようなツーショット画像」(30歳/金融・証券/営業職)

・「彼女に言われて彼女の写真にしている男性」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「彼女の水着写真」(28歳/医療・福祉/専門職)

彼女とのラブラブ写真を待ち受けにしていると、とても微笑ましい感じにも思えるものですが、意外にも引いている人も多いようです。こっそり待ち受けにしているならまだしも、わざわざ見せつけられるとうっとうしく感じてしまいそうですね。

■まとめ

好きなものを待ち受け画面にしている人も多いですが、それが他人の目にどのように映るかどうかまでは計算していないかもしれませんね。携帯電話を外で利用する時点で、人目につくのは容易に想像できること。あまり自分の趣味だけに走りすぎると、恥ずかしい思いをするかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数132件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]