お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

え、むしろ興奮する!? 女性のワキのお手入れ不足、「黒ずみ」or「そり残り」許せるのは?

Spinof Design(スピノフ デザイン)

夏到来! ノースリーブや袖口の大きい半袖のトップスは、涼しくていいですよね。当然、気になるのはワキのお手入れ……。ワキの毛を剃る、抜く、除毛クリームを使う、ワキの黒ずみを薄くするなど、さまざまな方法があります。剃ると肌が荒れるし、抜くのは痛い。除毛クリームは手間がかかるので、悩みは尽きません。そんな悩みや努力を知ってか知らずか。男性陣は女性のワキのお手入れ不足について、どう思っているのでしょうか?

Q.女性のワキのお手入れ不足、許せるのはどっち?

肌がちょっと黒ずんでいる……47.0%
ワキ毛のそり残しがある……53.0%

「むしろ、お手入れ不足な所も好き」というフェチ気味なご意見もいただきました……。それぞれの回答を選んだ理由とは?

<「肌がちょっと黒ずんでいる」派の意見>

■「ワキ毛のそり残し」が嫌なので……

・「ワキ毛のそり残しは少しガッカリするから。」(24歳/運輸・倉庫/その他)
・「どんな風にして処理しているのかと考えると気になってしまう。」(36歳/金融・証券/営業職)
・「毛だけは勘弁してほしいので消去法で(笑)。」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「剃った努力が見えるほうがいい。」(38歳 /自動車関連/事務系専門職)

日本人は毛が黒いので、そり残しがあるとどうしても目立ってしまいますよね……。それが視界に入ることに抵抗があるので、肌の黒ずみのほうがまだいいというコメントが目立ちました。カミソリで剃るとやっぱり肌荒れが気になるし、黒ずみの原因が気になりますが、脱毛専門のお店だと痛みもなく、技術は進化しているようです。

■ちょっと愛嬌がある

・「見えない所って、こんな風になっているのかと思うとドキッとする。」(37歳/小売店/販売職・サービス系)
・「非日常でないものを見たような気がするから。」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「なんか人間らしくて安心するから。」(32歳/食品・飲料/技術職)
・「かわいげがあっていいなと思う。ほのぼのする。」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「黒ずんでいるくらいが、ちょうどよいですかね。」(32歳/不動産/営業職)

どんな所に愛着を感じるかわからないものです……。黒ずんでいるワキが愛おしかったり、ギャップを感じて関心を持ったりすることがあるとのこと。そういうご意見があると、必要以上に悩まなくて済みそうですよね。その人の人間性を含めて好感を持つようです。男性は、自身のワキ毛やワキの黒ずみもほとんど気にしなくて済むのでうらやましいなあ。

<「ワキ毛のそり残し」派の意見>

■「肌の黒ずみ」が嫌なので……

・「黒ずむという言葉があまり良くないから。」(26歳/情報・IT/技術職)
・「強いて言えば、黒いよりはいいかと。」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「見てはいけないもの見た感じするから。」(31歳/機械・精密機器/技術職)
・「黒ずんでいるのは見たくないから。」(26歳/金融・証券/専門職)

一方で黒ずみNGというコメントもありました。かぼちゃ、タラコ、アーモンド、レバーなど、ビタミンEを多く含む食品を摂るといいそうです。血行がよくなって新陳代謝がアップし、肌のターンオーバーが早まるのだとか。他にはコラーゲン、ビタミンCが肌のハリをよくするために効果的です。油分が多い食事は、ワキの黒ずみを促進してしまうんだとか……。

■ちょっと興奮する

・「キレイな子にワキ毛があると興奮します。」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「ワキの手入れをしているシーンを想像できるから。」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「ワキ毛フェチなので、そそられてしまいます。」(33歳/建設・土木/営業職)
・「その油断がなんだかかわいらしいと思うから。」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「『え、これ残ってるよ。』と言ったときの女の子の恥ずかしがる表情が、興奮するので。」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

そり残しフェチというジャンルがあるのかなと思い、調べてみました。すると……そういった画像を集めたサイトが、出てくる出てくる。眺めていると羞恥心や背徳感、うっかりドジっ子っぽさの入り混じった、不思議な気持ちになってきました。キャンペーンガールのような、見せる仕事についているキレイな女性でも、そり残すものなんですね~。そう思うと、なんだかほっとしました。

■まとめ

最後に新たな扉を開いてしまいましたが、いかがだったでしょうか? お手入れ不足を敵視せず受け入れることで、なんだか人としての器が大きくなったような気がします。

(Spinof Design)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]