お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第35話 彼女はすべてを知っている

頭の中が真っ白になった。
妻の文字から目が離せない。

本当に、奥さんなんだろうか。
孝太郎の、悪い冗談ではないのだろうか。

でも、今までの違和感たっぷりのやりとり、
を考えると、相手が孝太郎でないのはたしかだ。

そしてこのやりとりができる、ということは、
今までの孝太郎とのLINEが、
全部みられている可能性が高い。

いや、そうでなければ、ぎこちないなりに、
今までの会話だって無理なはずだ。

わたしはゾッと背筋が寒くなり、
吐き気にも似た恐怖心に襲われた。

正直、今まで奥さんの存在は、
ほとんど意識したことがなかった。
孝太郎が家で奥さんといるのは、
なんとなくイヤ、とは思っていたけれど、
でも、奥さん自身は空白の存在だった。

その人が今LINEで、わたしとつながっている。

お役立ち情報[PR]