お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

彼女のホンネ! 彼氏から「あーん」をして食べさせてもらうのは好き?⇒約7割が〇〇!

ファナティック

恋人同士のイチャイチャには、それぞれのカップル特有のものがありますよね。そして、時には、大好きな彼に甘えたいという思いから、「あーん」をして食べ物を食べさせてもらっている人もいるのではないでしょうか。社会人の女性はこの行為についてどのように感じているのか、本音を聞いてみました。

Q.彼氏から「あーん」をして食べ物を食べさせてもらうのは好きですか?

好き……28.1%
嫌い……71.9%

7割以上の女性が、この行為に対して否定的な見方をしているようです。それぞれの理由を見てみましょう。

【「好き」と回答した女性の意見】

■彼の愛情を感じるから

・「私のこと気にかけてるのかなって愛されてる感があって好き」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・「2人でひとつのアイスを食べていて欲しそうにしていると食べさせてくれる。愛されてる気がしてうれしい」(24歳/その他/事務系専門職)

食事中でも自分のことを考えてくれることに愛情を感じるという意見です。2人でいながら何の会話もなく黙々と食べるのは確かにおもしろいことではありません。彼にかわいがってもらえていることを実感できるのもうれしいポイントかもしれませんね。

■カップルの遊びのひとつ

・「普段そんなことはしないから、キャラを作って、ネタのようにあーんしてもらったりするのがおもしろい」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「人前ではできないが、ラブラブカップルっぽくてバカっぽいノリが楽しいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

仲のいいカップルならではの遊びを楽しみたいという人も。他人の目が気になるようなところでは考え物ですが、彼の前でだけなら、このくらいふざけ合ってもいいかもしれませんね。

【「嫌い」と回答した女性の意見】

■子ども扱いされたくないから

・「子どもみたいで嫌だ。もっとドライに交際したい」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「別にそんなことしてもらわなくても自分で食べられるから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「子どもみたいで、甘えている感じが自分で嫌だから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

子ども扱いされるのも、子どものように自分が甘えるのも嫌だという意見です。「あーん」はお母さんが子どもへ食べ物を与えるシーンを連想させることもあり、大人の恋愛にはあまり合わないシチュエーションかもしれませんね。

■けっこう不都合なことが多い

・「好きか嫌いかと言ったら、嫌い。自分の食べたい量や内容物がある」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)
・「落ち着かないし、なんとなくどんな反応をすればいいかわからないから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)
・「こぼしたり口の周りを汚さずにていねいに食べたいので、できれば『あーん』してもらうのは避けたいのが本音」(30歳/ソフトウェア/その他)

そもそも人に何かを食べさせてもらうのはうまくいかないという声も。結婚式のファーストバイトなどを見ていても、うまく相手の口に食べさせられる人はごくわずかです。口や手を汚さず、きれいに食べたい人にとっては、煩わしい行為としか思えないものなのかもしれませんね。

■まとめ

彼と自分がちがうものを食べていて、少し味見したいと思ったときなどにさりげなく食べさせ合うのは何も感じなくても、人前でこれ見よがしに食べさせているのを見ると、違和感を覚える人もいるでしょう。人によって賛否両論ある話なので、「あーん」して食べさせるのは2人の時間限定にしておいたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数160件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]