お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

げっ、○○がバサバサ! アラサー女性がやると「痛い」メイク4選

ファナティック

毎日出社するために、メイクをするのが面倒に感じる人もいるのでは。とはいえ、普段からメイクの練習をしていないと、いざというときに勝負メイクをすることもできませんよね。そこで今回はアラサー女性がやると痛いメイクについて、働く女性のみなさんにこっそり聞いてみました。

【アラサー女性がやると痛い髪型4選】

■つけまつげ

・「つけまつげ。年齢を自覚したほうがよいとアドバイスすべき」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「つけまつげバサバサ。不自然で人工的なまつげすぎて浮いていた」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「つけまつげをつける。ケバくなるのでやめたほうがいいと思うので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

まつげの量や長さに自信がなくて、つけまつげをつける人もいますよね。とはいえ、いかにもつけまつげをつけています!といったメイクになるのは、アラサー女子になったら避けたいですよね。

■ピンクのチーク

・「ピンクの濃いチーク。おてもやんみたい」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「発色がよすぎるピンクのチーク」(24歳/不動産/事務系専門職)

・「ピンクのチーク。かわいさが出すぎるので」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ピンク色は若さを象徴する色ですが、年齢によっては痛いメイクの代表色になることも。特にチークは顔の中でも目立つ場所なので、あまり濃く塗りすぎるのはやめておきたいものですね。

■アイライン

・「モード系のアイライナー。目元が怖いだけだから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ものすごい濃く書いた下アイライン」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「目のまわりをしっかりアイラインで囲む」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

アイラインをすることによって、目の大きさがかなりちがってみえるもの。しかしあまりにくっきりラインを入れすぎたり、目の際から離れた場所に入れてしまうと、目だけ強調されて怖いメイクになりますよね。

■おフェロメイク

・「おフェロ顔のメイク。子どもっぽく見えて痛かった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「おフェロメイク。コントのメイクみたいですごく怖い」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「おフェロメイク。もっと若い子がするべきだから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

昨年あたりから流行りのおフェロメイク。オシャレでフェロモンがあふれるメイクが語源となっているようですね。なおかつセクシーさも求められるメイクなため、かなりの上級テクが必要になるようです。

■まとめ

年齢によって、メイクの方法には、少しずつ変化が表れるもの。いつまでも若々しく保つ努力をすることは大切ですが、年齢に逆行する流れのメイクになると、痛く見られるかもしれませんね。自分の年齢を活かした、大人メイクができるようになりたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年7月にWebアンケート。有効回答数126件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]