お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

胸が小さくても大丈夫! 体形コンプレックスを隠す「水着選び」の3つのポイント

ファナティック

夏は友だちや彼氏と海やプールに出かける機会も増えると思いますが、体形にコンプレックスがあると、水着を着るのにもためらいを感じてしまいますよね。だからといって、せっかくの季節に水着を諦めてしまうのはもったいない。そこで今回は、女性のみなさんにコンプレックスを隠すための水着選びのポイントについて、聞いてみました。

【白玉のようなバストに!? アラサー女子2人が美胸トリートメントをガチ体験】

■下半身を隠すなら……

・「ビキニにフリルがついている水着。お尻が大きいのを隠したいから」(31歳/金融・証券/専門職)

・「スカートっぽいもの。足が少し隠れるから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「下半身が気になるので、パレオのような巻きスカートタイプ。ひざ下まで隠れるので有り難いし、なんとなく大人っぽい」(28歳/建設・土木/技術職)

お尻や脚が気になるのなら、それを隠してしまえるスカートつきの水着を選ぶのがよさそう。フリルつきのものもキュートかつお尻まわりをカバーしてくれて、いいですよね。泳ぐときには外せるパレオのようなものなら、実用性もありそうです。

■お腹を隠すなら……

・「お腹が出ているので、着るとしたらワンピースタイプを選ぶと思う」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「柄が派手。目線をお腹から外す」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お腹が見えるようなセパレートタイプは買わない」(28歳/金融・証券/営業職)

ビキニのような上下セパレートタイプだとお腹を隠せないので、お腹が気になるときはワンピースタイプの水着を選ぶようにする女性もいるようです。また、無地だとボディラインがハッキリわかってしまうので、柄が入ったものを選べば、さらにお腹まわりから視線を外すこともできそうです。

■バストの小ささを隠すなら……

・「バスト部分にフリルなど、少しボリュームが出るデザイン」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「谷間がないため、谷間の位置に生地がないものは避ける」(33歳/運輸・倉庫/専門職)

・「胸の小ささが気になる人は、ワイヤー入りのものを選ぶと、ボリュームアップして見える」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

胸が小さい、谷間ができないというコンプレックスなら、ブラの上部にフリルがついたものやワイヤー入りでしっかりと持ち上げられるものを選ぶとよさそう。種類も豊富にあるので、お気に入りの柄や色で選んでみるといいかも。

■まとめ

コンプレックスがあるから水着は着たくないという人もいますが、上手にカバーする方法を知っていれば、水着のおしゃれも楽しめそう。特に、フリルがついたアイテムは下半身をカバーしてくれたり、バストを大きく見せてくれたりと、かなり強い味方になりそうです。今年の水着をまだ買っていないという人は、コンプレックスもカバーできるかわいい水着選びに出かけてみるのもいいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月10日~17日
調査人数:125人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]