お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

●●●でこっそり……。デリケートゾーンがかゆいときの対処法4つ

ファナティック

デリケートゾーンに対する悩みは、なかなか人には相談しにくいもの。自分だけなのか、みんなも一緒なのか、確認しようがありませんものね。今回はそんなデリケートゾーンのかゆみに対する対処法について、社会人女性のみなさんにアドバイスをもらいました。

<デリケートゾーンがかゆいときの対処法>

■我慢する

・「なるべくかかずに我慢。余計にかゆくなりそう」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「もっとかゆくなるのでじっと我慢」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「我慢してやり過ごす」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

かゆくなってきたとしても、時と場合によっては、どうしても我慢せざるを得ないときもあるものです。通勤中や仕事の打ち合わせ中にかゆくなっても、対処しようがありません。

■トイレでかく

・「トイレでこっそりかいている」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「トイレに行ってかくのが早いです」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「トイレでトイレットペーパーでこすります」(33歳/医療・福祉/専門職)

どうしてもかゆいのが我慢できないときは、さっさとトイレに行って、思いっきりかいてしまうのが賢明かもしれませんね。しかし、かきむしりすぎると、かゆみが治まるどころか逆効果になってしまうこともありますので、かくときには加減に注意したいですね。

■お風呂に入る

・「シャワーをしてなるべくかかないようにする」(32歳/生保・損保/営業職)

・「こまめに洗うこと。せっけんを使わないで、お湯だけとかのほうがいいらしい」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「家にいるときなら、すぐにシャワーを浴びる。外出先などそれができないときは、何かほかのことに集中して気にしないようにする」(30歳/その他/その他)

かゆみを感じたときは、すぐにお風呂で洗い流すなど対処をすると、かゆみも止まることもあるようです。かきむしらないので、肌にもよさそうです。

■足を組み替える

・「足を何回も組み替えてごまかす」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「足を組み替えて刺激を与える」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「足を不自然にならない範囲でクロスしたり、ちょっと動かしてかゆみを解消しようとする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

会社などの人前でかゆくなってしまったときは、足を組み替えることでごまかせることもあるよう。まわりからは自然な行動に見えるので、バレることはなさそうです。

<まとめ>

生理中などは特にナプキンなどを利用するので、デリケートゾーンはかゆくなりやすいもの。かゆいからといってかきむしってしまうと、かぶれてしまう原因になってしまうので、専用の薬を使ったり、お湯で洗い流すなどして、かゆみを抑えるようにするとよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~2016年6月21日
調査人数:133人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]