お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メンタル

あの先輩のほうがわかりやすいんで! 嫌な気分にさせる部下のひと言4選

ファナティック

親身になって手取り足取り教えてあげているのに、なぜか突っぱねてくる部下……。こんなとき、「もう何もやってやるもんか!」なんて、つい教育放棄したくなりますよね。働く女性に「嫌な気分にさせる部下のひと言」について聞いてみました。

<嫌な気分にさせる部下のひと言>

■注意したのに軽い返答しか返ってこない

・「『~ですよねぇ』という、知ったかぶり。なんか、素直じゃなくてイラッとしてしまう」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「注意したときにわかってないのに『はぁ~い』と返事をしたとき」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「軽い受け答え。まじめに聞いてくれてないのかと思うから」(34歳/医療・福祉/専門職)

大事なことを指摘しているのに、部下が「ですよね~」や「はぁ~い」で返してくると、肩の力が抜けてガッカリしてしまいますよね。「もう何も言うまい……」、「失敗したきゃ勝手にして」なんて気持ちになりやすい一言です。

■やる気の感じられないひと言

・「ふてくされて、『こんな仕事、やっても意味ないっすよねー』と言う」(32歳/生保・損保/営業職)

・「『それ私の仕事(担当)ですか?』与えられた仕事以外しないという態度が嫌なので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『えー、これもするんですか?』って下ならがんばれよってなる」(23歳/農林・水産/その他)

部下に何か仕事を頼んだときに、こんな反応が返ってくると「なんでもいいからやってください」と怒りが態度に出てしまうことも……。やる気のない言動は、やめてほしいですね。

■責任逃れのひと言にイラッ

・「『私は悪くないです』。そもそも誰が悪いとかそんな話をする前に、どうするべきかの対策を考えてほしい」(32歳/自動車関連/技術職)

・「誰々のほうが教え方上手でわかりやすいのでその人に聞きます、と言われたこと」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

仕事の「失敗」や「責任」が自分にあるのを認めない、こんなひと言もイラッとさせられやすいですよね。失敗や責任を他人になすりつけてばかりでは、成長するチャンスを逃す一方。早くそのことに気づいてほしいものです。

■「できない宣言」はずるい!

・「私は先輩みたいには仕事できないです。自分のやる気のなさを押し付けて逃げてる感じがするから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『できません』。やってもいないのに、できないというのが許せないから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

人には得意・不得意があるため「私にはできません」というひと言は言い返しにくく、「ずるい!」と感じるかもしれませんね。「あなたならできる!」と言えればいいのですが、それも無責任すぎて言い切れず……。これを言われたら、あきらめるしか手はない!?

<まとめ>

部下のことを思って一生懸命やっているのに、こんなひと言を返されると「やってられるか!」という気持ちについなってしまうもの。ただ、教育を放棄する訳にはいかないですよね。部下を教え導くということは、ある意味戦いなのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月27日~2016年5月31日
調査人数:131人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]