お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

そこなのね! 男性目線で、華奢に見える女性の3つの条件

ファナティック

決して太っているわけではないのに、ぽっちゃりして見える女性がいるのとは逆に、ただ痩せているというわけではなく「華奢」なイメージの女性というのがいますよね。そういう女性には、一体どんな特徴があるのでしょうか。そこで今回は、「華奢に見える女性の条件」について男性のみなさんに聞いてみました。

【“自己治癒力”を高め、あらゆる悩みをケア! 噂の「美容鍼」にトライ】

■骨ばっている

・「骨が露出しているなど、全体的に栄養が足りていないという条件がある」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「スレンダーな女性。鎖骨が見える」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「肉付きがない。細い。手首が骨っぽく細い」(30歳/学校・教育関連/その他)

明らかに体重が軽いなと思わせるだけでなく、骨ばった感じがする。華奢に見える女性にはそういう印象もあるようです。たしかに、引き締まっているけれど骨よりも筋肉が目立つような体型の女性は華奢とはなかなか思わないかも。手首や足首、鎖骨など目につく部分の骨がくっきり見えるかどうかも華奢に見えるポイントのよう。

■骨格が全体的にコンパクト

・「肩幅が狭い。簡単にギュッと抱きしめられそうな感じがする」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「背が小さい。栄養が足りてない感じがするので」(33歳/商社・卸/営業職)

・「骨格が細い」(26歳/学校・教育関連/その他)

背が低くて肩幅も小さく、横から見ても薄い感じ。骨格が小さそうな女性も華奢に見える条件のようです。男性から見ると「抱きしめると折れてしまいそう」と思わせるような、小柄で細身の女性というのが華奢に見える女性の共通点と言えそうです。

■細身でか弱そう

・「体が痩せており、疲れやすい」(37歳/金融・証券/営業職)

・「痩せてて、守ってあげたくなる」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「色白であること、かなと思います」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

体の細さだけでなく、色白でどことなく病弱そうな女性というのも華奢なイメージがあるようです。自分が守ってあげないとダメだと男性に思わせるような儚げな雰囲気があるようです。

■まとめ

華奢に見える女性の条件について見てきました。あまりにも細かったりすると、「大丈夫かな?」と心配にさせてしまう可能性もあるので気をつけたほうがよさそう。華奢な雰囲気を目指しても、不健康そうに思われてしまうのはダメですよね。ただ、元の骨格などはなかなか変えられませんが、実際よりも華奢に見せることはできそう。華奢な女性にあこがれるという人は、着こなしなどで華奢な女性を目指すのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月15日〜24日
調査人数:101人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]