お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

きゃっ、恥ずかしい! デリケートゾーンの悩みランキング

ファナティック

デリケートゾーン、と呼ばれるだけあって、女性の大切な部分には、何かと悩みがつきものです。まったく悩みなんてないという人のほうが、きっと少ないでしょうね。そこで今回は働く女性たちに、デリケートゾーンで悩んでいることについて聞いてみました!

Q.デリケートゾーンで一番悩んでいることはなんですか?

1位「ニオイ」……33.6%

2位「アンダーヘア」……18.0%

3位「かゆみ」……17.2%

4位「色・形」……16.4%

5位「かぶれ」……9.0%

6位「その他」……4.1%

「ニオイ」で悩んでいる人が、なんと全体の約3分の1もいました!では、それぞれの回答を選んだ理由を教えてもらいましょう。

■1位「ニオイ」

・「ニオイを取りたいけど、対処法がわからない」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「ニオッていないか不安になるときがある」(32歳/自動車関連/技術職)

・「他人のニオイはわからないけど、もしかして自分は特別なんじゃないかと不安になる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ニオイが他人にどこまでニオッているのか気になるから」(27歳/自動車関連/営業職)

粘膜でムレやすい場所だからこそ、ニオイのことが気になってしまうものですよね……。今の暑い時期は特に、自分のニオイが心配という人が多いのではないでしょうか。

■2位「アンダーヘア」

・「量が多いような気がするけど、どうケアしたらいいかわからない」(22歳/建設・土木/技術職)

・「人より毛量が多くて範囲が広いと思っているから」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「清潔に保ちたいと思うようになった」(28歳/医療・福祉/その他)

・「毛深くてムレやすいから」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

最近では、脱毛サロンでデリケートゾーンの脱毛「VIO脱毛」を推しているところが増えています。欧米では、つるつるにしている人もけっこういると聞きますね。

■3位「かゆみ」

・「たまにどうしようもないくらいかゆいときがあるので困っています」(23歳/その他/その他)

・「夏は汗でかゆくなるけど、かけないから我慢するのがつらい」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「周期やムレにより、かゆみが起こることがあるから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「一度かゆくなる癖がついたらなかなか治らない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

生理用品や、雑菌などによって起こるかゆみ。見えている部分の肌とちがい、ボリボリかけないつらさがあります。

■4位「色・形」/5位「かぶれ」

・「色・形。形が悪いので性行為するときに恥ずかしい」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「色・形。下着のこすれでどうしても黒ずんでしまうから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「かぶれ。ナプキンでかぶれたりするので」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

敏感肌で、ナプキンの刺激だけでかぶれてしまう人も少なくありません。低刺激の布ナプキンに切り替えた、なんて場合も。色や形は、人によってそれぞれちがうのはあたりまえですが、人と比べる機会がないからこそ、自分のものが変じゃないか気にしてしまいがちなのかもしれませんね。

<まとめ>

デリケートゾーンの悩みは、なかなか人には打ち明けられないですよね。でも、その悩みが実は、重大な婦人科疾患のサインだった、なんて場合もあります。健やかな体でいられるように、自分の不調を見過ごさず、異変には早めに気づいて対処したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月24日~2016年6月28日
調査人数:122人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]