お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

キャ、くすぐったい……! キスマークをつけられてドキドキした場所7つ

ファナティック

男性につけられるキスマーク、相手に愛されてうれしい反面、他人に見られるのではとドキドキして、さまざまな感情がわきますよね。みなさんが、キスマークをつけられて一番ドキドキした場所はどこですか? 今回は、男性にキスマークをつけられてドキドキした場所はどこか、働く女性のみなさんにこっそり聞いてみました。

■首

・「首。スタンダードすぎて逆にドキドキした」(33歳/不動産/専門職)

・「首筋。人に見られそうなギリギリの場所につけられてドキドキした」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「首すじ。ビックリした。こんなところにつけるなんて! と思ったが、ドキドキして、ちょっとうれしかった」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

キスマークをつけやすい場所でもある「首」。しかし服を着たときに隠し切れなかったりすることも多いので、その分ドキドキ感も強いようです。

■胸元

・「胸元。胸元の開いた服だと丸見えになるしセクシーな感じ」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「胸。服を着るとまわりから見えないのが秘密を持っているみたいでいい」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「首~胸元。服によって、見えてしまいそうなギリギリラインにつけられドキドキした」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

「胸元」のキスマークも、服装によっては見え隠れしてしまうのでドキドキする、という意見が多数見られました。つけられている瞬間も彼の顔がすぐ近くにあって、心臓の音が聞こえてしまいそうです。

■鎖骨

・「鎖骨。見えるから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「首と鎖骨。マジで困った」(24歳/金融・証券/営業職)

・「鎖骨部分。見えるか見えないか微妙なとこだから」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

胸元と同じく、服装によっては見えてしまう「鎖骨」はドキドキするという意見も。つけられた日には、服装をちゃんと考えなくてはならなそうです。

■太もも

・「太もも。なかなかないと思うので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「太もも。つけられるときにゾクゾクしたから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

他人に見られてしまう、ということはまずないでしょうが、敏感な部分でもある太ももにつけられてドキドキしたという意見もありました。くすぐったく、少し恥ずかしくもありそうです。

■そのほか、こんな意見が……

・「腕。自分でも見えるから」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「うなじ。自分じゃ気づきにくいので困った」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「お尻。お尻はデリケートな部分なのでドキドキしました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

そのほかにもさまざまな部分を挙げる声が。たとえ服で隠せていたとしても、キスマークがあると認識してしまった時点で、意識してしまうという人は多そうです。

<まとめ>

キスマークをつけられると、そこを見るたびにつけられた瞬間のことを思い出しそうですし、会社の人や友人、親などに見つかってしまうというスリルもあり、ドキドキすることが満載ですよね。好きだという証拠として残してくれるのはうれしいことですが、つけるのであれば場所を考えてもほしいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~2016年6月21日
調査人数:106人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]