お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メンタル

あんたの教え方も悪いだろーが! 嫌な気分にさせる上司のひと言4選

ファナティック

「他人の神経を逆なでする職業なのでは?」と思えるくらい、部下の気持ちを逆なでするのがうまい上司っていますよね。そこで働く女性に「嫌な気分にさせる上司のひと言」について聞いてみました。

<嫌な気分にさせる上司のひと言>

■今までの人生を全否定してくるひと言

・「『そんなこともできないの?』とか言われると嫌。そりゃ仕事覚えが早いほうじゃないけど、あんたの教え方も悪いだろって」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『なんでできないんだ』と言われるのは嫌。できないものはできない」(28歳/金融・証券/営業職)

・「『今まで何勉強してきたの?』と今までの人生をばかにされたような気がしたから」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

まるで「仕事をさぼり続けてきた」と言わんばかりのひと言が、上記のような全否定のセリフ。「人間には得意なことと、苦手なことがある」と心の中で思いつつも、ぐうの音が出ないひと言ですよね。このセリフに対抗できるうまい切り返し方、ないものでしょうか。

■仕事を丸投げしておいて催促してくるひと言

・「もっと早く(仕事)終わらない?って言われたとき。じゃあ手伝えって思った」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「仕事を全部丸投げしといて、『まだできてないの?』と催促」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『まだなの?』 自分は無能で仕事を押しつけてくるくせに催促は一人前だから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「仕事を丸投げしておいて、その言い草はなんだ!」とつい心の中で突っ込んでしまうのが、上司のこんなひと言ですよね。仕事を振るならその人のキャパシティを考えてから振ってほしい……と、ついつい思ってしまいますよね。

■やる前から否定してくるひと言

・「『まあ、うまくできないだろうけど』と、やる前から否定するひと言」(32歳/自動車関連/技術職)

・「『君にできるの?』と言われたとき。ナメられてる気分になる」(25歳/医療・福祉/専門職)

「だったら頼まないでください」と思いつつも、言い返せないのが上司のこんなひと言。それが成功するか失敗するか、わからない状態で否定してくるのはずるい!? これを言われたら「成功して見返す」しかないですよね。

■がんばっていることを否定してくるひと言

・「『それ、今しなきゃいけないの?』やろうと意気込んでいたが、やる気が失せる」(24歳/建設・土木/技術職)

・「『もっと気遣いなさい』と言われた。気遣って、社員の飲んだカップを洗っていたのに、やることなすことすべてケチをつけてくるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

「今、一生懸命取り組んでいること」や「これからやろうとしていること」を否定してこられると、やる気がうせてしまいやすいですよね。今まさに掃除しようとしていたのに、母親に「掃除しなさい!」と怒られたときの気持ちに似ている?

<まとめ>

もしかすると上記のひと言は「叱咤激励のための言葉」なのかもしれませんが、中には「八つ当たりにしか思えない言葉」もありますよね。理不尽すぎる上司の言動には、気にしないのが一番かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月27日~2016年5月31日
調査人数:131人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]