お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

婦人科検診で「怖い」と思うこと4つ

ファナティック

働く女性ならぜひ受診しておきたい婦人科検診。ところが、その実態はまだあまり知られていないのも事実。なんとなく怖くて行きたくないという女性も多そうですよね。そこで今回は、女性のみなさんに「婦人科検診で『怖い』と思うこと」を教えてもらいました。

■見られてしまうこと

・「先生の前で大股を広げたりすることに抵抗があります」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「先生といえどもアノ部分を見られるのは怖い」(32歳/自動車関連/技術職)

・「男性医師に見られるのが嫌」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

診察の際は女性の大事な部分を医師の先生に見せます。相手は仕事ですからなんとも思わないでしょうけれど、自分でも見ないようなところを調べられるのは、たしかに恥ずかしくて怖いですよね。

■病気のこと

・「病気が見逃されること」(25歳/電機/事務系専門職)

・「病気が見つかったらどうしようという不安」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「病気が見つかったら怖いと思う」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

検診は、病気や体に不調がないかをチェックするためのもの。病気が見つかると嫌ですし、診察してもらったときに誤診があっても不安ですよね。

■触診のこと

・「子宮頸がんの検診で触診されること。痛いので怖いと思ってしまう」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「子宮がん検診は痛いと思ったことがあるので怖い」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「子宮の検査。異物が入っている感覚が怖い」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

婦人科の触診では専用の器具を使います。めったにない経験ですから痛い場合もあるでしょうし、異物が侵入してくる感覚に慣れるのは難しそうですよね。

■先生のこと

・「誰が診察してるのか(わからず、)怖い」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「男性の医師だと、なんとなく圧迫感を感じます。男性医師のいる婦人科には行きたくないです」(27歳/建設・土木/技術職)

・「やさしい先生じゃないとちゃんと話せないなって思う」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

病院の情報は事前に調べられても、どんな先生に当たるかは行ってみないとわからないことも。人間には相性のいい悪いがあるため、相性の悪い先生が相手だと、自分の症状についてうまく伝えられないかもという不安を抱く声もありました。

<まとめ>

受診歴がない女性にとっては、まだまだ未知の部分も多い婦人科のこと。一度診察してもらえば解消される恐怖もあるかもしれませんが、その前に婦人科に行くこと自体が「怖い」と感じることもありますよね。わからないことがあれば事前によく調べるようにして、不安を少しでも減らしていきたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~2016年6月21日
調査人数:140人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]