お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

うわ、○○毛が丸見え……! 女友だちに「もう少し美容に気を使ったら?」と思う瞬間4選

ファナティック

美人なのに髪やメイクに気を使っていない女性をみるとつい「もったいない」と思ってしまいがち。女友だちに対しても「もう少し何とかしたら?」と思うこともあるのでは? そこで今回は社会人女性のみなさんに、女友だちに「もう少し美容や身だしなみに気をつかったら?」と思う瞬間について聞きました。

【色気、あふれ出てる? 「おフェロ女子度」診断】

 

■メイクをしない

・「あまりにも化粧しなさすぎるのを見たら気になる」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ファンデーションを塗らない先輩。肌がきれいならいいけれど、くすんでいる」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「普段からほとんどメイクをしない友だちがいる。子どもっぽく見えるし、大人なんだから少しはメイクするべきだと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

いくらすっぴんに自信があるとはいえ、ノーメイクでどこにでも外出するのは考えものですよね。せめて会社にいくときぐらいは、メイクをしていくのが社会人としてのマナーではないでしょうか。

■髪がボサボサ

・「髪がボサボサ。手入れしていないことがバレバレ」(28歳/医薬品・化粧品/その他)

・「髪の毛がプリンのまま何カ月も放置しているとき」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「髪の毛が伸び放題の人を見たとき」(23歳/その他/その他)

さらさらロングを目指して伸ばしているのか、それとも放置して伸びっぱなしになっているのか、わからないときもありますよね。お手入れをキチンとしないロングは、まわりにも不快感を与えてしまうこともあるため、気をつけたいものです。

■服装を気にしない

・「服がおっさんみたいな服を着ている子」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「いつも同じ服装の女子」(31歳/金融・証券/専門職)

・「毛玉が目立つ洋服を着てきたとき」(33歳/医療・福祉/専門職)

外見ばかりを気にするのもよいことではありませんが、まったくファッションに興味を持たないのも、問題かもしれませんね。自分を磨く意味でも、オシャレには興味を持ってほしいと思うものです。

■うぶ毛を処理しない

・「口ひげが伸びている」(27歳/金融・証券/営業職)

・「うぶ毛の処理をしないこと」(32歳/生保・損保/営業職)

・「顔のうぶ毛を処理しない友だち」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

顔のお手入れをしないと、産毛が伸びて口ひげのように見えることもありますよね。女性としてはできれば避けたい事態ではないでしょうか。生まれたままの姿が魅力的とは言いますが、意味をはきちがえてしまっては元も子もありませんよね。

■まとめ

ほんの少し手を加えるだけで、とても魅力的に変身できる女性は多いもの。お手入れが面倒くさかったり、男性の目線を惹きつけることに抵抗がある場合もありますが、キレイになることは自分自身を磨くことにつながるものですから、できるだけ意識していきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数116件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]