お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

「仕事は忙しいけど高収入な男性」と「2人の時間を大切にしてくれるけど低収入な男性」、結婚するならどっち?

ファナティック

結婚することのメリットにあげられることのひとつに「好きな人と一緒にいられる」というのがありますが、実際にはお互いに忙しくて時間が合わないことも。2人の時間を取るか、忙しいのに見合った高収入を取るのかは難しい選択ですが、今回は結婚するにあたって男性にはどちらを求めるのか女性たちに聞いてみましょう。

Q.あなたは、「仕事は忙しいけど高収入な男性」と「2人の時間を大切にしてくれるけど低収入な男性」、結婚するならどっちがいい?

「仕事は忙しいけど高収入な男性」……71.3%
「2人の時間を大切にしてくれるけど低収入な男性」……28.7%

2人の時間よりも結婚相手には高収入を求めるという女性が7割以上。次に、そう思う理由についても聞いてみました。

<「仕事は忙しいけど高収入な男性」と回答した女性の意見>

■仕事が忙しいのは仕方ない

・「仕事が忙しいのは仕方がないし、家のことがあるから稼いでもらわないといけないから」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分も仕事をしていたら、結局時間なんて取れないからそれなら高収入のほうがいい」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「お金さえあれば、時間がなくても楽しめることはいっぱいあるから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

結婚したからには生活のことを優先したい。そうなると2人で過ごす甘い時間がなくても収入が安定しているほうがいいと思うようですね。自分も働いていたら結局はすれちがい生活になってしまうし、それであればのんびり過ごす老後のためにもしっかり稼いできてほしいということですね。

■わずかな時間を大切にしてくれればいい

・「一緒に過ごす時間が多すぎるのも、ストレスがたまるから。普段お互いに忙しくても、たまにある一緒に過ごせる時間を大切にすればいいと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「自分だけの時間がたくさん持てるから、仕事で忙しくしててくれていい」(29歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「貴重な時間においしいご飯や高級店に連れて行ってもらいたい。話が合う人であれば時間はわずかでも密な時間を過ごせるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

ずっと一緒に住んでいるのだから少しの時間を見つけて話ができれば、それだけでも十分。お互いに気の合う同士、好きな相手と結婚したのだから時間が短くてもその間が濃密に過ごせればいいようです。「亭主元気で留守がいい」というのは、結婚してもひとりの時間を過ごしたい女性たちの本音かもしれませんね。

では、2人の時間を大切にしてくれれば低収入でもいいという女性の意見も聞いてみましょう。

<「2人の時間を大切にしてくれるけど低収入な男性」と回答した女性の意見>

■プライベートの充実は大事

・「2人の時間を大事にしてくれるということは、自分のことを思ってくれてることだから」(24歳/電機/事務系専門職)

・「2人の時間を大事にしてくれたほうが何事にもがんばれるから」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「プライベートが充実しないと、一緒にいる意味がないと思う」(31歳/小売店/事務系専門職)

結婚は2人にとってのプライベートを充実させるためのもの。せっかく結婚したのに2人でいられる時間がないのでは、一緒に暮らしている意味も結婚の目的もわからなくなってしまいそう。2人の時間を作ってくれるというのは、自分に対する思いやりの表れとも受け止められるみたいですね。

<まとめ>

好きな人と一緒にいたいとは思うけれど、だからといって収入に不安があるようでは結婚生活も安定しない。一緒にいられなくても彼からの愛情を感じられていれば、不安になることもないし、何よりも収入があることで気持ちにも余裕が生まれるというのは納得ですね。仕事を優先するか、家庭を優先するかは男性の価値観によってもちがいますが、結婚前にどちらが大事だと思っているか、自分と考えが合うのかについては聞いておいたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~6月23日
調査人数:150人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]