お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

タイミング・頻度・内容は? 好きな男性にLINEでアピールする方法4選

ファナティック

好きな男性にLINEを送るとき、送る時間帯は問題ないか、文章に問題ないかなどを見直していると、どんどんプレッシャーに! 好きな男性にLINEでアピールしたいとき、どんなメッセージを送るのが効果的なのでしょうか? 働く女性に聞いてみました。

<好きな男性にLINEでアピールする方法>

■相手に合わせたメッセージが、一番問題なし?

・「相手の頻度に合わせることを心がけます。ハートを使ったり、遠まわしに『好き』が伝わるようにする」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「相手の気持ちをくみ取る。忙しそうだったらしつこくはしないし、盛りあがっていたら存分に楽しむ」(28歳/医療・福祉/その他)

・「相手が大変な時期とかに、『お疲れさま』とか気遣いができるかどうか」(23歳/医療・福祉/専門職)

自分のことを押し気味にアピールするより、あえて受け身でいたほうがLINEは効果的なのだとか。たしかにまだ自分が盛りあがっていないときに、好意の強いLINEをもらっても困ることが多いですよね。押すチャンスは狙いつつ、基本は受け身でいるのもひとつの手かもしれません。

■約束だけはきっちり取りつけておく

・「ここに行ってみたいとか、まだやったことないことをあなたとしてみたいというアピールをする」(25歳/金融・証券/営業職)

・「さりげなく、次に遊びにいく約束を取りつける。それ以外はあまり連絡しない」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「気軽に飲みやごはんに誘うLINEを送ってみる。変に自分アピールLINEを送るよりも、そのほうがいい気がする」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

受け身ばかりでは、せっかくの出会いが自然消滅するという意見も! それを避けるには「会う約束」だけきっちり取りつけておくことが肝心なのだとか。まめに連絡を取り合うよりは、大きな約束だけして、あとは「待ち」に徹するのが賢い方法かもしれません。

■気にかけていることをアピール

・「毎日、決まった時間に送ること。自分からのメッセージを読むのを習慣にしてもらう」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「何気なく、いつも気にかけている風を匂わす」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

好きな人に、その他大勢にしか見てもらえていないときは、「気にかけていること」をアピールするのも大事ですよね。自分に好意がある人のことは、自然と気になってしまうもの。一歩距離を詰めたいときには大事な作戦です。

■一緒に出かけたあとは……

・「一緒にいると、とても安心して居心地がよかったと、ふんわり気に入っているアピールする」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『今日はとっても楽しかったです!』って、とにかく楽しかったことをアピールする」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

2人で一緒に出かけたり、デートしたりしたあとは必ず送っておきたいのがこんなLINE。相手の反応がよくないと、次のデートにつながりにくいもの。「楽しかったアピール」で、上手に次のお誘いを確保したいですね!

<まとめ>

好きな人にLINEを送るときは、考えれば考えるほど空回りしやすいもの。上記のようにポイントをおさえて送るようにすれば、肩の力も抜けて自然に相手とやり取りできそうですよね。好きな人ができたら、ぜひ上記のLINEテクを参考にしてみてください!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月7日~2016年6月12日
調査人数:149人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]