お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

飲みの場で男子ウケがいいのは? 「下ネタOK女子」or「下ネタNG女子」

ファナティック

人を選ぶ話題といえば、下ネタ。男性がお酒の席で振ってくるイメージですよね。さて、女性としては、お酒を飲んでいるとき、男性の下ネタにのってあげるべきなのでしょうか? 今回は、男性のみなさんに2択のアンケート調査をおこないました。

Q.一緒に飲みに行くとしたら、次のどちらのタイプの女性のほうがいいですか?

下ネタに引かない女子……57.4%
下ネタを嫌がる女子……42.6%

約6割の男性が、一緒に飲みに行く相手として「下ネタに引かない女子」を選択。それぞれの回答の理由を見てみましょう。

<下ネタに引かない女子!>

■引かれると困る!

・「みんなで笑えるレベルの下ネタなら、受け入れてくれたほうが盛り上がるから。あまりにも拒絶されると空気が沈んでしまう」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「まわりのおっさんにドン引きしないから」(26歳/情報・IT/技術職)

飲みの席では、いつ誰が下ネタを振ってくるか分かりません。下ネタにのってこないまでも、引きはしない女性であれば、場の空気を悪くしないで済みそうですね。

■よくあることだから

・「飲んだときには下ネタはつきものだから」(28歳/商社・卸/営業職)

・「お酒が入ればそういう話も多くなるから」(30歳/学校・教育関連/その他)

飲み会に何度か参加していれば、下ネタを振られることも多そうですね。苦手でもある程度は耐性があったほうが、本人のためですよね。一種の飲み会サバイバル能力です。

<下ネタを嫌がる女子!>

■下ネタは苦手!

・「自分も下ネタは好きではないから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分自身があまり下ネタは好きではないから」(27歳/情報・IT/技術職)

下ネタが苦手なのに飲み会の話題が下ネタに移ったとき、さりげなく別の話題を振ったり、あえて下ネタが苦手な旨を伝えてくれる女性がいるとありがたいですよね。

■女性らしく見える

・「より清楚な感じがかわいらしいと思うから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「恥じらいのある女性のほうが魅力的だから」(35歳/建設・土木/技術職)

下ネタに引かないということは、下ネタの意味が分かっているということ。多少戸惑うくらいの女性のほうが、あまり人ずれしていない感じがするのかもしれませんね。

■まとめ

下ネタを言ってもさわやかな印象の男性はあまりいませんよね。ですが、お酒が入るとそうした雰囲気になってしまうこともあります。そんなときスマートな対応ができれば、女性としての格が上がりそうですよね。まわりの様子を見ながら乗り切ってくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]