お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

生理中、絶対してはいけない3つのこと

ファナティック

女性の体はとてもデリケートなもの。特に生理前後は、あまり無理をしないよう、心身を大事にしたいものです。そこで今回は、社会人女性のみなさんに「生理中、絶対してはいけないと思うこと」について考えてもらいました。

■体を冷やす

・「体を冷やすこと、生理中に一番体に負担をかけるから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「体を冷やすようなこと。なんとなく冷えると生理痛もひどくなる気がするから」(32歳/不動産/専門職)

・「お腹を冷やす。おなかを温めると調子がいいので、逆はダメだと思う」(28歳/金融・証券/営業職)

生理中はいつもと血流が変化しているため、体が冷えやすくなっているのだとか。なるべく体を冷やさないよう、いつもより厚着をしたり、カイロを上手に使ったりして、体を温める対策をするようにしましょう。

■激しい運動

・「激しい運動。以前持久走大会があって走ったら、その後激痛にみまわれたので」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「激しい運動。下腹部に響きそうだから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「激しい運動。身体に負担がかかるから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

生理中はホルモンバランスの乱れにより、いつもと体調が異なることもあります。無理な運動をすると、子宮に負担がかかってしまうので、なるべく激しい運動は避けるといいかもしれません。

■プールや温泉に入る

・「プールに入る。周囲に迷惑かけかねないから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「温泉やプールに入ること。迷惑でしかないので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「温泉に入ること。周囲の人への配慮」(33歳/学校・教育関連/専門職)

生理中に免疫力が下がっていることを考えると、感染症になる可能性のある、温泉やプールも避けておいたほうがよさそうですね。また、周囲の人への配慮も考えると、遠慮しておくのがマナーかもしれません。

<まとめ>

生理中は精神的にも肉体的にも、いつもと体の状態がちがうため、なるべく無理をしないよう、体を労わってあげることが大切です。体を冷やさないよう、しっかりガードしてあげて、あまりにも痛みがひどいときは、無理せず休むようにしましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月6日~2016年5月10日
調査人数:157人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]