お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ママ

結婚したいなら“妥協”が必要? 既婚女性の●%は妥協で結婚している!

フォルサ

「今の夫との結婚は妥協」は約46%!

結婚は理想の相手としたいもの。しかし、恋愛も結婚も理想どおりにうまくとは限らないですよね。今回は、今の夫との結婚は妥協か? 望みどおりか? 女性にその本音を聞いてみました。

Q.今の旦那さんとの結婚はぶっちゃけ妥協ですか? それとも望みどおりですか?

・妥協……45.7%
・望みどおり……54.25%

■「妥協」と答えた女性の意見

●妥協エピソード

・「長く付き合って私のことを十分に理解してくれているが、少し物足りない時があるから」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「本当はもう少し経済力がある人が理想だった。ただこの先これ以上に自分を好きになってくれる人はいないと思って結婚した」(32歳/その他/事務系専門職)

・「大恋愛ではないが、職業的にも見た目的にも性格なども害は一切ない感じだからまぁいいかと」(33歳/その他/その他)

「妥協した」と答えた女性は45.7%。ある程度の理想を捨てた上で夫との結婚を決断したという人はけっこういるようです。

●ここで妥協しました

・「性格が合わない」(33歳/その他/その他)

・「もっとかっこ良くてスマートな旦那様が理想でした」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「会社や収入が理想とはちがうから」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

妥協したところは、性格や容姿、経済力など様々。さらには、

・「嫁に来たができれば婿をもらいたかった」(36歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「別に好きな人がいた」(33歳/その他/その他)

・「まだ結婚したくなかったから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

といったような声も。

●妥協した理由

・「30歳までに子どもが欲しかった」(37歳/その他/販売職・サービス系)

・「兄弟姉妹が先に結婚していたので焦ってしまった」(38歳/その他/その他)

・「かなわぬ愛より、安定な愛。愛するより、愛される喜びをとりました」(37歳/その他/その他)

妥協した理由について多かったのは、「○歳までに結婚したかった・子どもが欲しかった」という理想や、まわりがどんどん結婚していくことに対しての焦りによるもの。その結果、愛するより愛される方を選んだ女性も少なくないようです。また、

・「妊娠したから」(31歳/その他/その他)

といった、妊娠をきっかけに結婚したという女性も多く見られました。そのほかには、

・「性格、経済力がまあまあだったから」(39歳/その他/その他)

・「仕事を真面目にしているし、自分と趣味が合ったから」(33歳/医療・福祉/専門職)

といったように、夫にいい部分があったから結婚したという声も。

●後悔しています

・「今現在失敗したなぁと思うから」(40歳以上/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「今思えばもっといろんな人とお付き合いすれば良かったと思うから」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「色んな意味で苦労が絶えない」(33歳/その他/その他)

・「結婚後から嫌なところばかりに目がいってしまう」(29歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

このように、結婚に後悔している今の自分がいるからこそ、結婚は妥協によるものだったと実感している女性の声も挙がりました

●結婚に妥協はつきもの

・「ある程度の妥協がないと、結婚生活に緊張してしまうと思う」(38歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚はタイミングとある程度の妥協だと思う」(35歳/食品・飲料/その他)

・「理想はあくまで理想」(38歳/金融・証券/事務系専門職)

・「妥協してじゃないといつまでたっても結婚できなさそう」(40歳以上/その他/その他)

一方で、妥協したことに後悔はないという声や結婚に妥協はつきものだという声もありました。

■「望みどおり」と答えた女性の意見

●夫は完璧!

・「顔も性格もバッチリだからです(笑)今幸せだから妥協ではないですね(^^)」(24歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

・「私にはもったいないほどの夫です。大好きです」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「お互い素のままでいれる!まめで優しくて、理想の旦那さん!」(38歳/その他/その他)

・「最高な旦那さんだから。ほかにこんな人はいない」(29歳/情報・IT/営業職)

まず挙がったのは、まさに自分の望みどおりで言うことなしの夫と結婚できたという女性の声です。はたからみると「妥協している部分」もあるのでしょうが、「今が幸せだから」と、本人は妥協と思っていないとう意見もありました。

●本気で好きで結婚しました

・「ずっと好きだったから」(27歳/その他/その他)

・「長いこと付き合って、結婚するならこの人と初めて思ったから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「旦那以外は考えていなかった」(29歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「一目ぼれで、中身も見た目もすべてタイプだし、一目ぼれだったので、これ以上はないと思う」(28歳/その他/事務系専門職)

このように、本当に好きな相手だと思った上で結婚したいと思った上で結婚したというエピソードも。また、

・「自分のことを大切に思ってくれているし、両親のこともしっかり考えていてくれるから」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「とにかくうっとりするくらいイケメンでした」(37歳/医療・福祉/その他)

・「専業主婦をさせてくれて、子どもの世話もしてくれるし、稼ぎもそこそこいいから」(36歳/その他/その他)

といったように、夫のここにほれ込んで結婚したというコメントも多く挙がりました。

●障害を乗り越えて

・「親には少し反対されたがどうしても結婚したかったから」(31歳/その他/その他)

また、このように周囲からの反対を押し切ってあくまでも自分の意思を優先して結婚したというエピソードもありました。

●理想どおりだったけれど

・「結婚当初は理想だと思っていた」(39歳/その他/その他)

・「今振り返るとよくわからないですが、その時はすごく好きだった」(27歳/生保・損保/営業職)

・「その当時はそう思っていた。今は後悔しかない」(35歳/医療・福祉/その他)

当時は理想通りの結婚だと思っていたけれど今は……という声も割と多く挙がりました。

■まとめ

結婚は望みどおりだった! という女性が少しリードしながらもほぼ半々の結果となった今回のアンケート。いかがでしたか? できれば望みどおりの結婚をしたいものですが、結婚にはタイミングがあるのも事実ですよね。また、そのときは望みどおりの結婚だと思っていても、のちに後悔することもあるようですね。みなさんは、結婚相手についてどのように考えていますか?

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月21日~6月28日
調査人数:407人(22歳~39歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]