お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

デリカシーなさすぎ!! 彼にイジられてショックなのは「胸の大きさ」or「お腹の肉」?

ファナティック

おそらく、かわいいからこそイジりたくなるのでしょうが、自分がコンプレックスに思っていることを彼氏がおちょくってくると正直笑えないことも……。そこで彼氏にイジられてショックなのは「胸の大きさ」と「おなかの肉」、どちらかを働く女性に聞いてみました。

Q.彼にイジられたらショックなのはどっち?

胸の大きさ……38.3%
おなかの肉……61.7%

今回のアンケートでは約6割の女性が「おなかの肉」をチョイス。どちらもコンプレックスに深くかかわっている部分ですが、普段悩むことが多いのはやっぱりおなかの肉? どうしてそちらをイジられるとショックなのか、詳しく聞いてみましょう。

■「おなかの肉」は女性のコンプレックスの要!

・「おなかの肉はけっこう気にしているコンプレックスなので、イジられたら本気でダイエットしようって思います」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)
・「胸はもう気にしてないけど、おなかに関してはすごく気にしているから」(22歳/金融・証券/事務系専門職)
・「太ってることとか気にしているのに、そういうのに気づかない無神経さが嫌」(27歳/建設・土木/技術職)

そもそも女性がなぜダイエットに執着するのかというと、「おなかの肉が気になっている人が多い」から。そんなに気にしている人が多いのに、「おなかの肉を笑いのネタにしようとしてくる」なんてちょっと許せない!? 彼氏のデリカシーのなさにガッカリしそうですよね。

■おなかの肉をイジられても笑えない

・「太ってる、無駄な肉がついていると思われると、情けなくなる。個人的にも、腹周りは特に気にしているところなので、そこをイジられると笑えないです」(22歳/情報・IT/技術職)
・「笑えないし、屈辱的だし、どうしようもないしと思っちゃう」(33歳/不動産/事務系専門職)
・「普通にムカつく。迷惑かけてるわけじゃないのに」(28歳/商社・卸/技術職)

また「おなかの肉」をイジって楽しいのは彼氏側だけ。イジられた女性はただただ腹が立つだけ……ですよね。彼女のぽっこりおなかがかわいらしかったのだとしても、本人にコンプレックスがある以上、おなかをイジるのは「引かれるだけのジョーク」。やめてほしいですね。

■胸が小さいのは遺伝。そこをイジるのは最低!

・「胸が小さいのは遺伝だからしょうがないこと。しょうがないことをイジるのは最低」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・「肉のほうが笑いになる気がするから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

ただ胸の大きさとおなかの肉とでは、どちらかというと「おなかの肉」のほうがイジっても笑いになりやすいですよね。胸のほうをイジってしまうと遺伝がかかわっているせいか、どちらかというと内容が差別的な印象に……。男性は気を付けたほうがいいかも?

■胸をイジられると、人間として見てもらえてない気がする……

・「胸の大きさを言われても仕方がないから、現実を見てほしい」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「人間としてではなく、性の対象のような気がする」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

また上記の理由から、胸をイジられると人間としてではなく「性の対象」としてイジられているような気に。小さい胸で笑いを取りに行こうとする女性は別として、彼女が何も言っていないのに「小さい胸」をからかうと後が怖いかも!

■まとめ

男性にはしょせん女性の気持ちなんてわからないのか、デリカシーのない発言をしてくる彼氏……。これをイジられると対抗心が芽生え、彼氏の欠点もイジりたくなりますよね。ケンカを防ぐためにも、くれぐれもコンプレックスを「笑いのネタ」にするのは注意したほうがよさそうですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数141件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]