お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

少しは空気読め! 合コンに誘って後悔した女友だちの特徴6選

ファナティック

気軽な出会いの場でもある合コンに行くとき、数合わせはもちろんですが、一緒に行く女友だちの性格なども考えますよね。では女性のみなさんが「合コンに連れて行って後悔した女友だち」の特徴には、どんなものがあるのでしょうか? 早速聞いてみました!

■好みのタイプがいないとつまらなさそうにする

・「興味がないことをすぐ態度に出しすぎる」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「自分のタイプがいないと、つまらなさそうにする」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「いい人がいないと、すぐに携帯をいじってあきらかにつまらなそうにしていた友だち」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

合コンで相手がどんなにタイプじゃなくても、その場を楽しむのがマナーですよね。あからさまに携帯をいじったり、つまらなさそうにする女友だちは、連れて行った自分が責任を感じてしまいます。

■その場の雰囲気を楽しもうとしない

・「その場を楽しもうとしない友だち」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「ネガティブ。話が盛り上がらない」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「その場の雰囲気を楽しんでくれない人」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

合コンには当たり外れがつきものですが、ハズレ合コンだからといって会話に入ってこないような女友だちは困りますよね。その場限りだからこそ、空気を盛り下げないような気遣いが大事ですね。

■酔っ払いすぎる

・「飲み過ぎてベロベロに酔って介抱しなければならなかった」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「酒を飲むとハイテンションになる友人。度が過ぎて、逆に引かれていた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ベロベロに酔っていた女友だち。雰囲気も台無しになるし、介抱しないといけないので二次会も中止になった」(25歳/食品・飲料/専門職)

合コンなのに、女友だちがお酒を飲みすぎて介抱しないといけないとなると、二次会どころではありません。ハイテンションすぎて男性陣に引かれてしまうなど、お酒はほどほどにしてほしいですよね。

■キス魔/内輪ネタ/他の女性を落とす

・「酔っぱらうとキス魔になり、案の定お持ち帰りされた友人」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分たちにしかわからない話を延々と話し出して困った」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「他の女性が褒められたりしてるとすかさず『でも、この子って~』と落とす発言をする」(32歳/自動車関連/技術職)

酔っ払ってキス魔になった上にお持ち帰りされたり、内輪ネタで盛り上がるような女友だちも、合コンに誘ったことを後悔してしまいます。「でも、この子って~」発言をするような女友だちは、二度と誘いたくないかも……。

■まとめ

「合コンに連れて行って後悔した女友だち」の特徴として、さまざまな意見が寄せられました。どれも自分勝手な行動ばかりで、連れて行った自分が責められるような気がしてしまいます。合コンは相手の男性陣のレベルも大事ですが、どの女友だちを誘うかというのも、同じくらい大事なことと言えそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]