お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

女子が生理につけているあだ名12選「お客さん」「ケチャ」「“セイリ”ングデイズ」ほか

ファナティック

「生理」と口に出すのがはばかられるときに、みなさんはどんな風に生理を表現しますか? 昔から「月のもの」などと生理をぼやかして表現することはあったそうですが、現代ではどう呼ばれているのでしょうか。そこで今回は、女性たちが使っている生理の呼び方やあだ名について聞いてみましょう。

■読み方をもじって……

・「なまり。そのまま音読み」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「お月様の日。月経の『月』を取って呼んでいる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「“セイリ”ングデイズ。少しでも憂鬱な気分から逃れたいから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

生理とはっきりは言えないので読み方を音読みに変えたり、文字の一部を取ったりして呼んでいるという女性も。生理の憂うつな気分を少しでも紛らわせるために、なんとなく前向きになれるようなあだ名をつけてみるというのもひとつの方法かもしれませんね。

■女の子の日にちなんで

・「女の子。女の子しか来ないから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「特にないが、ヨガの先生はレディースホリデーと呼んでいる」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「レディースデー。彼氏にも言いやすくて伝わるし、生理とダイレクトに言いたくない」(25歳/機械・精密機器/販売職・サービス系職)

生理は女性にしかないものだから「女性の日」と言えば誰にでもわかりやすいですね。はっきりと意味は伝えつつも「生理」とダイレクトに言わないことで、なんとなく恥ずかしさも軽減されるものです。男性にとっても使いやすく、わかりやすい言葉と言えるかもしれませんね。

■生理時の体調をそのまま

・「お腹痛くなるやつ、と呼んでいる。『生理』と口に出して言いにくい場合があるから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「死ぬ日。お腹痛くてだるくてイライラして眠いから」(22歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ケチャ。グロいけど、ケチャップから派生」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

生理のときの自分自身の体調や状態をそのまま生理の呼び名やあだ名にしているという人もいるようです。生理痛などがある人にとっては、まさに「死ぬ日」のようですが、そのときの体調を想像するだけでもツラそう。生理痛がひどいということをそれとなく伝えるにもこういう呼び名はアリかもしれませんね。

■あの日

・「あれ。はっきり言いたくないから」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「お客さん。彼氏がそう呼ぶから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「あの日。オブラートに包みたいから」(29歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

女性が「あの日」とか「今日はあれだから」と言えば、よっぽどのことがない限り他の人にも意味は伝わるはず。そう考えるとこういう風に生理を呼ぶことはかなり一般的と言えるかも?

<まとめ>

生理があることは恥ずかしいことでもないし、女性なら誰もが経験すること。とはいえ、やはり「生理」と口に出すのはためらってしまうという女性も少なくなさそうです。女友だちとの会話ならダイレクトに口にすることもありそうですが、彼氏とはいえ男性の前では口にしたくないという女性も。彼のほうも気恥ずかしさを感じるので、言いやすいあだ名や呼び名がついているのはいいことかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです
※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月20日~2016年6月23日
調査人数:118人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]