お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第29話 心が軽く……

それはコントの連続のようなコメディだった。
出演者は、テンポのよいセリフ運びと、
走ったり、飛んだりと、
キレのいい動きで、観客を魅了した。

「あ、山本さんだ!」
知ってる人が出てくると、さらに心がときめく。

山本さんは舞台の上で、ほんのわずかな弾みで、
クルリとバック転をしてみせた。
すごい。
役柄のため、スーツ姿なのも新鮮だった。
そして、すごくコミカル。

「え、ぼくがやるんですか!」
驚くたびに、バック転してしまう役柄の山本さん。
ステキと思いながら、笑ってしまう。

そしてエンディングは、ちゃんと感動させる物語。
お芝居がはねた後は、すっかり気持ちが軽くなっていた。

席を立ちかねて、出口へ向かう人並みの、
最後の方になって腰を上げると、
エントランスで舞台衣装のままの山本さんに会う。

「これから打ち上げなんですけど、来ませんか?」

お役立ち情報[PR]