お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

血がモレても大丈夫!? 生理中に絶対にしないファッション4選

ファナティック

生理中は選ぶ洋服もいつもより気を使うものですよね。特にモレが気になる日は、よりガードに徹してしまうものです。そこで今回は、生理中に絶対にしないファッションについて、社会人女性に聞いてみました。

<生理中に絶対しないファッション>

■白系の洋服

・「もしものモレが気になるので、白いデニムをはくことはしない」(32歳/生保・損保/営業職)

・「白い服は着ません。モレたときに目立ちます」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「白色のスカートやボトムスが、不安でなかなかはけない。体を冷やさないように、露出の高くない格好をする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

当然ながら生理中は経血がモレてしまう可能性もあるため、白系のファッションは完全にNGですよね。少しのモレでもバレてしまうので、絶対に避けたいファッションではないでしょうか。

■タイトな洋服

・「なるべく楽な格好がいいので、タイトな服は着ない」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「体のラインが出る洋服は避ける」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

生理中はおなかが張ったり、ナプキンをつけるため、いつもより下腹部が膨らみがちになってしまうもの。タイトな洋服を着ると、ナプキンを使っていることもバレそうなので気をつけたいですよね。

■スカート

・「スカート。おなかが冷えるから」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「スカート。ニオイが気になるから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ミニスカ。冷えるから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

スカートの中でも、特にミニスカートは生理中には避けたいもの。おなかを冷やしてしまうだけでなく、生理中のニオイも気をつけなくてはなりませんね。

■パンツ

・「タイトジーンズ。ムレてにおいそうだから」(30歳/その他/その他)

・「パンツスタイル」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「淡い色のパンツ。万が一モレたら目も当てられない」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

パンツの中でも、特にタイト系のものは下半身を締めつけてしまうので、やめておいたほうがいいかもしれませんね。生理用品のせいで、いつもよりきつめに感じてしまうこともあります。

<まとめ>

生理中に外出していて、一番起きてほしくないことが、モレではないでしょうか。どれだけ気をつけていたとしても、出血量は自分でコントロールができないもの。なるべく、万が一モレてしまってもあまりバレないような、暗めの色のファッションを選択しておくほうが無難かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~2016年6月21日
調査人数:133人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]