お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

女子の苦労! 生理中、彼の家に行った時「使用済みナプキン」はどこに捨ててるの?

ファナティック

トイレ女性なら自宅のトイレにナプキン用のサニタリーボックスを置いてあることが多いですよね。でも、彼の家に行ったときには実家暮らしでもない限り、それは期待できないですよね。では、生理中に彼の家に遊びに行ったとき、女性のみなさんは使用済みのナプキンはどう処理しているのでしょうか? 女性たちが「自分ならこうする」と思う処理方法について聞いてみました。

■彼の家の近所に捨てさせていただく

・「袋をいつも持っているので持ち帰り、途中の駅とかコンビニなどの三角コーナーに捨ててくる」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「彼にいらないビニール袋をもらって、近くのコンビニに捨てに行きます」(24歳/金融・証券/営業職)

・「トイレットペーパーでぐるぐる巻きにしてから、かばんに入れて持ち帰り、できれば近所のコンビニなどの三角コーナーに処分する」(33歳/不動産/専門職)

彼の家に捨てるのは恥ずかしい気もするし、彼に片づけさせるのも申し訳ない。かといって、ずっと持ったままでいるのもイヤということで、近所のコンビニや駅で処理してしまうという女性も。いざというときのために、いつもビニール袋を持ち歩いているという用意の良い女性もいるようですね。

■自宅に持ち帰る

・「トイレットペーパーでぐるぐると包んで、カバンに入れて帰る」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「黒いビニール袋を持参してバッグにいれて持ち帰る」(27歳/不動産/事務系専門職)

・「もともと人のお家でナプキンは捨てません。ビニール袋に入れて持ち帰ります」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

そもそも、彼でなくても人の家で自分の使用済みナプキンを処分することは考えていないので、持ち帰る前提という女性も。短時間なら交換の必要がないように、出かける直前にナイト用のナプキンをつけておいたり、タンポンなどを使うというのも一つの方法かもしれませんね。

■彼の家のゴミ箱に捨てる

・「トイレットペーパーでグルグルに分厚く巻いて、こっそりゴミの中ほどに捨てさせてもらう」(28歳/建設・土木/技術職)

・「ティッシュに包んで持って帰るか、ゴミ箱に隠すように捨てる」(32歳/金融・証券/専門職)

・「彼に聞いて、捨てさせてもらう」(32歳/学校・教育関連/技術職)

すぐにでも処分してしまいたいという女性は、彼の家で捨ててしまうようです。汚物入れがなかったとしてもトイレットペーパーに包んだり、ビニール袋に入れてしまえばほかのゴミと同じ。ただ、恥ずかしかったとしても彼にはひと言断ったほうがいいかもしれませんね。

■まとめ

ほとんどの女性が、彼の家で使用済みのナプキンを処理することができないと思っているようで、持ち帰るためのビニール袋を持参するつもりの人も。汚物入れがある、ないに関係なく自宅や公共の場所以外でナプキンを捨てるということに抵抗を感じてしまう人も少なくなさそう。女友だちの家であっても意見が分かれそうなところなので、彼の家に関してはその場で処分できないという気持ちで準備しておいたほうが慌てずにすみそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数147件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]