お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

今、ノーブラだよね? 垂れ胸の女性がしてそうなこと3つ

ファナティック

大きさに関係なく、年齢や生活習慣などによって少しずつ垂れてくるバスト。胸が垂れるだけで老けて見えたり、太って見えたりすることもあるので、できるだけバストが垂れないようにしたいですよね。そこで今回は、胸が垂れている女性が普段からやっていそうなことについて、同性目線での意見を聞いてみました。

【胸が大きくならないのはなぜ?NGなバストアップ美容法まとめ10選】

■サイズの合わないブラを着ける

・「サイズの合ってないブラをする。胸をきちんと支えられないから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「家ではもっぱらノーブラ生活。支えがなくて垂れそう」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ブラがきちんと合っていない。普段の生活習慣が大事だと思うから」(33歳/不動産/専門職)

きちんとサイズの合ったブラをつけることは美胸をキープする基本。サイズの合わないブラで押しつぶしたり、逆に胸が不必要に動いてしまうと垂れ胸の原因にも。ブラを買うときには、サイズを測って正しいつけ方で着けることが大事。ラクだからといってノーブラでずっといるのは、止めたほうがよさそう。寝るときはナイトブラを着用するなど、シーン別に使いわける習慣を意識してみて。

■ボディケアをサボる

・「あまり運動をしない人。筋力が弱いので垂れると思う」(31歳/金融・証券/専門職)

・「バストアップの体操をしていない」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「美容に無関心な人でケアなどをしない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

バストも顔の肌やほかの部分と同じようなお手入れが大事。放っておくとどんどん衰えていくだけだということを忘れず、地道にケアを続けることが大切ですね。

■姿勢が悪い

・「姿勢が悪い、猫背気味の人は垂れていそう」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「うつ伏せで寝る。いつもそうしていると、つぶれてしまうと思うから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「パソコンを使ったりして、同じ格好を続けている人」(27歳/その他/販売職・サービス系)

猫背は「垂れ胸」の元とも言われています。背中が丸まった姿勢なうえに、胸まで垂れてしまうと一気に老けた印象になるので気をつけたいところ。美バストのためにも、「姿勢を正しく」を心がけたいものです。

■まとめ

年齢とともに垂れてくる胸を少しでも高い位置にキープしておくには、日ごろの生活習慣が大事だということがわかりました。運動や姿勢というのは、習慣にしてしまえばそれほど苦もなく続けられるはず。忙しいとついサボッてしまいたくなることもあるかもしれませんが、今のうちに努力をしておけば数年後に垂れ胸に悩むことも少なくはなりそう。「垂れてからでは遅い」というつもりで、ケアをしていきたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月10日~17日
調査人数:125人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]