お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第28話 魂の洗濯

山本さんはわたしに低い位置からそっと、
お芝居のチケットを差し出している。

「はい……急用がなければ、お伺いします」

なんとなく、勢いでお芝居のチケットを、
受け取ってしまった。
2枚。でも孝太郎は、行けないだろうな。

わたしは保育士の山本さんにお礼を言うと、
熱があるのに元気な明日香を、
たっぷりの荷物とともに家に連れて帰った。

翌週、孝太郎は今週は忙しくて会えないと、
LINEで送ってきた。
さみしい。
美術展でわたしが孝太郎といたのを見てた、
絵里香ちゃんは、まだ、疑ってないかな?
孝太郎には、やっぱり言わない方がいいのかな?
いつも頭の片すみで考えていて、落ち着かない。

そして週末。わたしは山本さんのお芝居を、
ひとり観に行くことにした。
ライブハウスのような、薄暗いスペース。
素人のお芝居だから、期待していなかったけど、
でもお芝居が始まって、5分で大笑いさせられる。

お役立ち情報[PR]