お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

絶対に内緒っ! 結婚相手にも言いたくない「カラダの秘密」9

ファナティック

結婚相手には隠しごとをしたくない、何でもオープンに話し合える関係でいたい。とはいえ、知られると恥ずかしい、あえて言う必要はないかもと思う秘密があるという人も少なくはないかも。今回は、結婚相手にも言いたくない「カラダの秘密」について、女性たちに聞いてみました。

■過去に関する隠しごと

・「多汗症で、ワキの手術をしたことがある」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「太りすぎていた中学時代の肉割れ……小食キャラできているので、今さら言えない」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「左腕にあったホクロ除去手術の跡を、交通事故のけがのせいと嘘ついている」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

昔の手術のことや太り過ぎていた過去を隠し通したいという女性は多いよう。特に言う必要もないし、言ったからといってそれを変えられるわけでもない。そういう秘密についてはわざわざ自分から言い出して、過去を蒸し返す必要もないかもしれませんね。

■ムダ毛処理事情

・「実はけっこう毛深いこと。一生懸命処理しているから見た目ではわからないけど、かなり時間がかかっている」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「乳首にものすごく太い毛が生えている」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「デリケートゾーンのムダ毛処理」(26歳/医療・福祉/専門職)

女性の肌はつるつる。そう思い込んでいる男性は多そうですが、実はムダ毛処理に苦労してその肌を手に入れているという女性も。彼が、そう思っているのなら思い込みを壊したくないし、彼の理想通りの自分でいたい。隠しごととはいえ相手に対する思いやりでもありますよね。

■肌のトラブル事情

・「シミなど。メイクでごまかしながらがんばっている」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「水虫に若干なりかけているので、それが秘密です。足のニオイがバレるのがいやです」(24歳/金融・証券/営業職)

・「Vゾーンにできものができやすい」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

すっぴんを男性に見られるのが嫌だという女性もいますが、肌にまつわるトラブルを彼には隠しておきたいという女性も少なくなさそう。いつもキレイに見せたいという女心でしょうね。ただ、水虫に関しては彼に秘密にしているうちに治療しておいた方が、彼にうつしてバレるという問題は防げそうです。

■まとめ

バレたからといって彼の気持ちは変わらないだろうし、大したことないといってもらえるかもしれないけれど、それでも自分にとっては隠しておきたい秘密。女性たちにはいろいろとあるようですが、みなさんにもそういう秘密がありますか? 彼にも影響を与えそうなことであれば、結婚前にすべて話しておくほうがあとあと揉めることもなさそう。ただ、自分にとっては秘密だけれど彼には何の影響もなさそうなことについては黙っておくという選択もアリですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~6月23日
調査人数:150人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]