お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

お前、生臭いよ! 生理中、彼氏に言われてショックだったこと4つ

ファナティック

女性特有の生理。毎月あるにもかかわらず、彼氏の理解が得られずイヤな思いをした人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、女性のみなさんに「生理中、彼氏に言われてショックだった言葉」について、本音をぶっちゃけてもらいました。

■知らなすぎてガッカリ

・「悪気はないんだろうけど、『ナプキンって知ってる?』って聞いたら『オムツみたいなやつ?』って言われたこと」(28歳/建設・土木/技術職)

・「『生理になったことないからよくわからないんだよね〜』みたいなことを言われた。そう思うのは自由だけど別に口に出さなくても……と思ってしまった」(33歳/不動産/専門職)

・「生理痛がひどいときに、あきれたような顔をして『そんなに痛いもんなの?』って言われたこと」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「『なんで生理なんだよ』という言葉。生理は自分でコントロールできないから」(33歳/その他/事務系専門職)

男性に生理の知識が乏しいのは当然のことですが、そのあまりにも理解がない態度にショックを受けてしまったという意見も。男性だけを責めるべきではありませんが、無理解をアピールされても困ってしまいます。

■アレ、できないの?

・「『できないの?』。生理でイライラしているのに、そんなわかりきったこと言わないでほしいと思った」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「『できないからつまんない』って言われたのはショックでした。やりたいだけかよって悲しくなりました」(24歳/金融・証券/営業職)

・「『できないなら会わなくていい』と言われた」(27歳/金融・証券/営業職)

できないから会わないという仲では、ただ彼の性欲のはけ口としてお付き合いしているようで、なんだか悲しくなってしまいますよね。女性も生理の期間はつらさに耐えているのですから、男性にも少しでも我慢してもらいたいですね。

■臭いんだけど

・「『ちょっと生臭い』と言われた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『やや生臭いというか血のようなニオイがする』と言われたのがショックだった」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「『生臭いニオイがする』と言われてショックを受けた」(25歳/医療・福祉/専門職)

生理中は、どうしても経血のニオイが漂います。デート中、ナプキンを交換する時間が取れなければ、気になるくらい臭うこともあるでしょう。遠まわしに指摘されるとつらいですね。

■生理くらいで怒るなよ!

・「『生理でイライラしてんの?』。その通りなんだけど、的を射ている感じが余計イライラする」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「『逆ギレされるから会いたくない』と言われたこと」(30歳/機械・精密機器/技術職)

生理前から女性がイライラしやすくなるのは、経験をもって知る男性が多いようです。とはいえ、イライラしていることに対して責められてしまっては、こちらも余計情緒不安定になってしまいますよね。

<まとめ>

男女の溝を深めてしまう生理。男性にも事情はあるのでしょうけれど、自分でコントロールできない生理で苦しんでいるとき、身もふたもない言葉をかけられると悲しいですよね。お互いが相手のことを思い合い、言葉には気をつけて行動したいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日〜2016年6月21日
調査人数:140人(22〜34歳の女性)

 

お役立ち情報[PR]