お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

激しく揺らすの禁止ー! バストの形が崩れないため「絶対にしないこと」3選

ファナティック

キレイな肌を作るために不規則な生活を避けるのと同じように、キレイなバストをキープするためにも「してはいけないこと」がありますよね。では、美胸を保つためにしてはいけないこととは、どんなことなのでしょうか。今回は、バストの形が崩れないために「絶対にしないこと」について女性たちに聞いてみました。

【乳首の色が濃いのは、若さのしるし!? 黒ずみのメカニズムを医師に聞いた】

■サイズの合わない下着を着けることはしない

・「キツすぎるものなど、サイズの合わない下着を着ける」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「キツいブラを無理やりつけない。血行も悪くなりそうだし、胸の形がおかしくなりそうな気がするから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

デザインがかわいいから、買い替えるのが面倒だからとサイズの合わないブラをつけている人、いませんか? サイズの合わないブラを着けていると形が崩れたり、垂れたりする原因にも。キレイなバストのためには、自分にピッタリの下着をつけるよう心がけて。

■ノーブラで過ごすことはしない

・「休みの日でもノーブラでいないようにする」(33歳/不動産/専門職)

・「ノーブラにならないようにすること。楽になりたいときもパット入りのインナーを着るようにして形を保持するようにしています」(31歳/情報・IT/営業職)

・「友人は絶対ノーブラでいることはない、と言って、寝るときもずっとブラをしています。私は窮屈なのが苦手で、家ではノーブラで過ごしてしまうのですが……」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

バストの重みを支えているのは胸の筋肉。ただ、年齢や生活習慣で筋肉は少しずつ衰えていくもの。それをサポートしてあげるためにもブラは必須のようです。外出しないからといってノーブラで過ごすのではなく、せめてカップ付きのインナーなどで胸を支えてあげることは大事ですね。

■胸を激しく揺らしたり押しつぶしたりするようなことはしない

・「うつぶせで寝る。垂れると聞くから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「激しく揺らすとよくないと聞いたので気をつけている」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「普通のブラジャーでジョギングをすること。絶対にスポーツブラをつけます」(33歳/その他/事務系専門職)

激しく揺らしたり、うつぶせで寝て押しつぶしたりするという生活を続けているとどんどんバストの形が崩れていくことに。スポーツのときにはスポーツブラ、寝るときにはナイトブラを着けて、バストを支えるようにしてうつぶせにならないように気をつけておくと、キレイなバストがキープできそうですね。

■まとめ

大きさに関係なくちょっとしたことで形が崩れてしまうバスト。自分に合ったサイズのブラでサポートすることで、崩れやすい胸を守ってあげることができそうです。美胸を作るには、ちょっとした日頃の習慣が大切ということですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月8日〜14日
調査人数:140人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]