お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ダイエット

「おデブ」と「痩せている人」の決定的な4つのちがい

ファナティック

みなさんは、ちょっと気を抜いて太ってしまったとき、痩せている人の体型と自分を比べて悔しくなった経験はありませんか? 一体、痩せている人となんの差があって太ってしまうのでしょうか。そこで今回は、女性のみなさんに「太っている人と痩せている人との決定的なちがい」について、考えてもらいました。

■食生活がちがう

・「食生活。食生活の改善で痩せられると思ったから」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「生活習慣。太っている人は、全然動いていない、好きな物をたくさん食べているイメージ。痩せている人は健康に気遣っているイメージ」(23歳/情報・IT/技術職)

・「食生活。太っている人はなんだかんだ言いながら食べている」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

同じ三食でも、夜遅くに脂肪と炭水化物たっぷりの食事をとるようでは、健康的と言われている人たちと差がついてしまいますね。食事の量や時間帯に気をつけてみるところからはじめるとよさそうです。

■食べる量がちがう

・「お菓子やご飯を食べる量」(23歳/その他/その他)

・「間食。お菓子、菓子パン類はかなり高カロリーなので、太っている人は絶対に間食をしている」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「あまり運動をせず間食が多い人は痩せていないと思う」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

菓子パンの袋の裏に記載されているカロリーを見て驚く人もいるのでは? 運動量は変わらないのに、間食で食べる量を増やすと太ってしまうのは必然ですよね。

■自分への甘さがちがう

・「自分に甘い。明日からダイエットとか、ちょっとだけとか、我慢が足りないから、太る。欲望のままに生きてる感じ」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分に甘いか厳しいか」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分に厳しくなれるかどうか。痩せている状態を保ち続けている人は、少し増えたと思ったときになんらかの努力をするから」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

誰でもおいしいものを食べると気分がよくなりますよね。とはいえ、満足感を食にだけ求めていては太っていく一方……。「食べたいから食べる」では、自分に甘すぎるのかも? 特にダイエット中は、体を甘やかさないようにしたいですね。

■動く量がちがう

・「日常で、いかに動くか動かないかだと思います。太っている人には階段とか嫌いな人が多いので」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「動くかどうか。消費カロリーがちがうので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「動くことが好きか嫌いか」(32歳/商社・卸/その他)

同じような女性がいても、趣味がスポーツの女性とインドアの女性とでは体型がちがいそうですよね。また、物の整理整頓がマメな人も、片づけがてら軽い運動ができていそう。まずは、ちょっとしたことでも動くよう心がけるのが、痩せるためのコツなのかもしれません。

■まとめ

そろそろ耳が痛くなってきたという人もいるかもしれませんね。そうはいっても極端な食事制限が難しいという人は、この「痩せている人とのちがい」を意識して、生活することが重要そう。自分の体型が気になったときは、ぜひ記事の意見を参考にしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~2016年6月21日
調査人数:140人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]