お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

そうだったのか……! 美脚のために絶対「やらないこと」4選

ファナティック

美しい脚を見るとドキッとしますね。まっすぐで長い脚などに憧れている人もいるのでは? 脚を美しくするための決まりごともありそうですよね。美脚のためにやらないことがあれば何か、女性のみなさんに教えてもらいました。

【<胸元あらわ>菜々緒、美バスト&美脚披露】

■脚を組まない!

・「脚を組まないようにすること」(30歳/情報・IT/その他)

・「脚を組まないように気を付けている」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「脚を組んでいることに気付いたらすぐ直す」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

脚を組み替えるしぐさはセクシーですね。でも実は、脚のためにはそもそも脚を組まないほうが◎。脚を組むと、脚の骨を支える骨盤がずれてしまうそうです。

■正座をしない!

・「正座です。O脚になるからです」(24歳/金融・証券/営業職)

・「正座を長時間しない」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「正座」(27歳/その他/専門職)

脚を曲げて座る正座。一説には若者の脚が長いのは、椅子生活をしているからだと言われていますよね。正座をしたらこまめに崩すようにしたほうが、美脚はもちろん、しびれて痛い思いもしないで済みますね。

■重心を偏らせない!

・「私は以前、外側重心で歩いていたので靴底の減りも外側からでした。脚自体も、筋肉の付きどころが悪かったりしたらイヤなので、重心をまっすぐ落とすように意識しています」(32歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「片足だけに重心をかけて立たないようにする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「重心を片足に乗せて立たない」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

ちょっとむずかしい話ですが、人は立つときに必ず体のどこかに重心を置いて立ち、歩きます。重心が偏ると、歩いているうちに片方の脚の靴だけすり減ることになりがちです。

■変な歩き方をしない!

・「がに股で歩くこと」(24歳/金融・証券/営業職)

・「内股歩きなどをしない」(30歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「小股でだらしなく歩かないようにしている」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

たとえ美脚でも、変な歩き方をすると美しく見えませんよね。変な歩き方にはそれぞれ名前がついています。誰かに歩き方を指摘されるようなら、気をつけたほうがよさそうです。

■まとめ

セクシーで健康的な魅力のつまった美脚。脚が美しい人はもともとの形に恵まれただけではなく、脚をキレイにするためにいろいろと制限を設けているのかもしれません。もし美脚のために気になる習慣があれば、やめるようにしてみては?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数158件。22歳〜34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]