お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第25話 わたしそっくりの誰か

今までの人生で、こんなに怖かったことはない。
だけど、ここで顔や態度にそれを出したら破滅だ。
「ううん、上野の美術展なんていってないけど」

今の態度は、不自然じゃないかな?
ウソをついているのが、ミエミエじゃない?
もう、怖くて怖くて、仕方なかった。

「えー、じゃあ、あれは他人の空似かなあ?
ひより先輩にそっくりな人が、
宮部課長に激似な人と寄り添ってたんですけど」

見られていたんだ。
昨日のわたしたち、絵里香ちゃんに見られてた。
……おそろしさに気を失いそうだったが、
そんな気持ちに負けては、それこそおしまいだ。

「やめてよ! それ、絶対他人だから!
もう……宮部さんと寄り添うなんて、
たとえ他人の空似でも許せない気分」

「あ……すいません。じゃあ、あれ誰かな」

「えー、奥さんじゃないの?
他に寄り添ってくれるような人、いないでしょ。
もう、朝から変なこと聞かないでよ」

お役立ち情報[PR]