お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

24%の男性が経験アリ! 彼女の体臭にドン引きしたエピソード・5選

ファナティック

どれだけ外見が自分のタイプとしても、どうしても許せない一面を見てしまうと、気持ちが一気に冷めてしまうこともありますよね。付き合う前にできれば気づいておきたいものです。今回は社会人男性のみなさんに、彼女の体臭に引いた経験について、アンケート調査してみました。

Q.彼女の体臭に引いた経験は?

・ある……24%

・ない……66%

・どちらとも言えない……3%

・わからない……7%

彼女のニオイに思わず引いてしまった経験のある人は、およそ2割以上という結果となりました。ニオイに敏感な男性も多くなりましたよね。

■口のニオイ

・「焼き肉を食べたあとの口臭」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「寝起きの口がくさかった」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「飲んだ次の日は、ややきつい気がする」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ニオイのきつい食事をしたあとや、お酒を飲んだあとのお口のニオイは、いつもよりくさく感じてしまうものです。ニオイ消しのタブレットやガムなどを噛んで、なるべくニオイをごまかしたいですね。

■ワキのニオイ

・「ワキの下が汗ばんでて、悪臭を放っていたとき」(37歳/金融・証券/営業職)

・「すっごいワキガ。失神しそうなくらい」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「ワキガ」(33歳/機械・精密機器/営業職)

ワキのニオイを気にしている人も多いかもしれませんね。特に夏場になると汗をかくので、よりニオイが気になりやすいですよね。制汗剤などでニオイケアをしておくと安心です。

■全体のニオイ

・「身体全体から。ニオイの相性があるのはよくわかる。拒否感が出てしまう」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「お風呂に入ってない感じのニオイで萎えた」(36歳/金融・証券/営業職)

中には身体のニオイ自体がNGという人もいるようです。体臭は個人によって異なるため、元の身体のニオイがダメだと感じてしまうと、生理的に受けつけられないのかもしれませんね。

■汗のニオイ

・「首筋から汗のニオイがしてきて、不快な思いをした」(35歳/建設・土木/技術職)


ほかにもいろいろなニオイに引いてしまった人もいるようです。暑い時期、首筋の汗はベタベタして気持ち悪いので、汗拭きシートなどを携帯してマメにふくといいかもしれませんね。

■香水のニオイ

・「気合を入れすぎたのか、香水のニオイがキツすぎたこと。一緒に車に乗っていると頭痛がしてくるようなニオイだった」(32歳/学校・教育関連/専門職)

香水をつける女性も多いと思いますが、男性の中には苦手な人もいるようなので、香水が大丈夫かどうか、最初にチェックしておいたほうがいいかもしれません。

■まとめ

ほかにもいろいろなニオイに引いてしまった人もいるようです。彼女のニオイに引いてしまう男性がいる一方で、「彼女だったら、少しくらい変なニオイがしても許せる」(28歳/情報・IT/技術職)といった人や、「好きな彼女のニオイなら、まぁ許せる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)などのように、大好きな彼女のニオイなら許せるという男性もいるようです。まわりに不快な気持ちをさせてしまうほどのニオイは問題ですが、少しぐらいのニオイなら許してもらえるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月31日~6月19日
調査人数:102人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]