お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

汚物は捨てちゃダメ!? 彼の家での「ナプキン交換」で気をつけるべきこと

ファナティック

生理中に彼氏の家へ行ったときに、困るのがナプキンの処理方法やトイレの後処理……。男性の部屋のトイレは、女性が冷や汗をかくことがたくさんありますよね! 彼氏の家でナプキン交換が必要になったとき、一体どうすれば? 働く女性に聞いてみました。

⇒ 正解はどっち!? 他人の家に「使用済みの生理用品」を捨てて帰っていいもの?

<彼の家での「ナプキン交換」で気をつけるべきこと>

■袋に入れて持って帰る

・「交換したナプキンを必ず持ち帰るようにする。見られたら恥ずかしいので」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「ニオイを消す袋に入れて持ち帰るようにする」(31歳/情報・IT/技術職)

・「彼にナプキンを見られないよう気を使う。汚物も持ち帰るため、とにかく見られないようにするのが大変」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

使った生理ナプキンは時間がたつとニオイがきつくなるため、彼の家では捨てるに捨てられないもの。「ニオイを消す袋」もあるそうなので、なるべく工夫して持ち帰るといいかもしれませんね。

■中身が見えない袋を使って捨てる

・「汚物を黒い袋に入れること。丸見えだと恥ずかしいし、気持ちいいものではないから」(30歳/情報・IT/その他)

・「絶対に中身が見えないよう二重で閉じる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「捨てやすいように何重にもビニール袋に入れて、普通ゴミで捨てる」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

彼がニオイをしっかり閉じ込められる、密閉タイプのゴミ箱を使っている場合は捨ててしまっても問題ないという人も。なるべく中身が見えないように、二重にしたり色付きの袋を選んだりすれば、捨てて帰っても迷惑にならないかもしれません。

■血の処理は神経質に!

・「血を一滴たりとも残さない、ニオイは換気する」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「血がどこかについていないか。男性は血が怖いイメージがあるから」(31歳/金融・証券/専門職)

一滴落ちただけでかなり目立ってしまい、ドン引きされるかもしれない「血」。彼からどう思われるかを考えると、あと処理に必死になってしまいますよね。生理のニオイがこまらないように、換気もしっかりすればひと安心です。

■彼氏の家では交換しない

・「行く直前と、家を出てからしか交換しないです」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「ナプキンを交換しなければいけないほど長時間滞在しないようにするのが一番」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「流せるナプキンにする」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

めんどうなことをあれこれ考えて「もう交換しない」とキッパリ決意する女性も。長居しないのならストレスを感じずに済むかもしれませんね。種類が少なそうですが、「流せるナプキン」という奥の手を使う人も!

<まとめ>

男性と女性とではトイレの使い勝手が大きく変わるため、困ることがたくさんありますよね。もしも彼の家でデートするなら、上記のような点に気をつけてトイレを使うといいそう。冷や汗をかかないように、お家デート前にはトイレの準備を抜かりなく!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月10日~2016年5月13日
調査人数:104人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]