お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第16話 会社創立20周年パーティ

7月1日金曜日の18時。いつもなら社内が、
少しソワソワしたムードになる時間。

今日は社員のほぼ全員が、
このホテルのパーティルームに集まっている。
会社の創立20周年記念パーティだ。
女性はどの人も、おしゃれして。
男性は、今日は誰もがスーツ着用。

「乾杯!」
社長から労いの言葉や役員のスピーチの後、
皆が歓談しながら、テーブルにならんだ、
寿司桶やオードブルの皿に端を伸ばす。

「ひより先輩、いっしょに食べましょう」
後輩の絵里香ちゃんがとってくれた、
ローストビーフを口にしながら、
でも「気が利かない」と思われないよう、
周囲にいる上司や先輩にビールを注ぎ回る。

そして心の片隅で「孝太郎はどこかな?」
と思っていると、うしろで「宮部くんっ!」
と半ば怒鳴るように、
孝太郎を呼ぶ声が聞こえてきた。

孝太郎は「はい!」と元気に答えていたけれど、
わたしは自分が怒鳴られたようにつらくなった。

お役立ち情報[PR]