お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド専門家 ヘアスタイル

ナチュラルで大人っぽい! この夏注目のヘアスタイル「ビーチウェーブ」って?

ユンブル

夏本番に向けて、イメチェンを考えている人も多いのではないでしょうか。そこで、この夏に流行するヘアスタイルと、自分でアレンジする方法について、ヘアメイクサロン・MINT(ミント・東京都渋谷区)のオーナーで美容師の東野見咲さんに聞いてみました

この夏のトレンド「ビーチウェーブ」(写真提供:ヘアメイクサロン・MINT)

■ビーチで風に吹かれたようなゆるやかカール

東野さんはまず、この夏のトレンドスタイルについて、次のように話します。

「春先までは収まりのいいパーマスタイルが人気でしたが、いまは、ハリウッドの女優たちが流行源である『ビーチウェーブヘア』に注目が集まっています。海からあがったときにビーチで風に吹かれたような、ウェーブ感があるパーマスタイルで、ゆるやかなカールが特徴です。

長さはボブからミディアムで、カラーは、グレーとベージュをミックスした『グレージュ』やブルーとベージュをミックスした『ブルージュ』など、透明感のある色合いが主流です。これらの要素をアレンジして取り入れるスタイルが流行しそうです」

ふんわりと軽やかなイメージが浮かびます。次にスタイリングの方法について、東野さんはこうアドバイスを続けます。

「細かすぎず、大きすぎないウェーブになるようにパーマをあてましょう。毎朝、水をたっぷりつけてから、タオルドライ後にジェルやムースなどのスタイリング剤を多めにもみ込んで形を整えます。すると、ナチュラルな印象を与えることができるでしょう。

また、必ずしもパーマをあてる必要はなく、カール用ヘアアイロンや三つ編みでゆるやかなウェーブを作って、その日一日を楽しむこともできます」

ヘアアイロンや三つ編みで作れるとは、休日だけのイメチェンに活用できそうです。

■三つ編みのまま寝て翌朝外せば、1日アレンジ

ではここで、パーマをあてなくてもできる「ビーチウェーブの作り方」の具体的な手順を東野さんに伝授してもらいましょう。

<カール用ヘアアイロンを使う方法>

まず、毛束を少なめに取り分けて、根元にヘアアイロンを挟み、2回転を目安に巻きつけます。毛先は巻かないようにしましょう。

写真提供:ヘアメイクサロン・MINT

次に、ほどくときは、巻きつけた方向とは反対側にねじるようにしてヘアアイロンを外します。すると、毛先までほどよいゆるやかなウェーブが生まれます。

写真提供:ヘアメイクサロン・MINT

スイングするウェーブ感を作るポイントは、取り分けた毛束を毎回、同じ方向に巻きつけるのではなく、カールが右に左にといろいろな角度に向くように巻くことです。

<三つ編みでアレンジする方法>

まず、髪を軽く濡らしてから、洗い流さないヘアトリートメントをもみこみます。

次に、髪を左右で2カ所ずつ、計4カ所に分けて、それぞれ三つ編みをしてヘアゴムで結びます。三つ編みヘアが4本できることになります。

三つ編みが面倒な場合は、髪を内側から外側に向かってクルクルとねじるように巻いてゴムで結んでもOK。

さらに、三つ編みをしたままドライヤーで髪を乾かします。手で触ってみて、濡れている部分がなくなれば、ゴムを外して完成です。前日に三つ編みをしたまま寝て、翌朝外してもいいでしょう。

結ぶ、ねじる強さの強弱、三つ編みの幅を変えると、ウェーブの大きさやうねり具合が変わるので、好みのウェーブをいろいろと試してください。

■まとめ

ナチュラルスタイルでさわやかな大人っぽさを表現できるこの夏注目の「ビーチウェーブ」。自己流でヘアスタイルが整えることができて、手間がかからないのもうれしいポイントです。この夏、ぜひ試してみてください。

(岩田なつき/ユンブル)

取材協力・監修:東野見咲氏。美容師。ヘアメイクサロンMINT代表。
MINT 東京都渋谷区恵比寿南2-5-9 内藤ビル202
http://www.mint-tea.jp/

お役立ち情報[PR]