お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ギャー、変質者!? 付き合い始めた彼氏が実は「自宅では裸族」だったときに女子が思うこと3つ!

Spinof Design(スピノフ デザイン)

裸族とは。自宅や宿泊先などプライベートな空間で、裸(または裸に近い服装)で過ごす人を指します。海外では、風習としてほとんど服を身につけない民族がいらっしゃったり、ヌーディズムという生活様式? 社会活動? がありますよね。日本人で裸族の方は、きっと過ごしやすさや開放感を求めているからかなと思います。ただ、自分の彼氏が自宅で裸族だったりすると、話は別かな……と思うのです。そこで、付き合い始めた彼氏が実は「自宅では裸族」だった場合に、女性はどんなことを思うのか、聞いてみました。

■イヤ! とにかく受け付けない

・「相手はそれでもいいけど、自分に共有されたくない、裸で自分の椅子に座られるのがイヤ。」(32歳/不動産/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))
・「どうして裸族じゃないとダメなのかをまず聞く。結婚したらつらい……。」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)
・「なんとか話して、服を着てもらえるようにする。」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「かなり引く。だらしないし清潔感がない。自分にも強制してきたらイヤだから、今後の関係を考える。」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

百歩譲って、パンツぐらいはいてほしいですよね。生尻でソファに座るとか、想像するだけで怒り心頭です。あとは、ミケランジェロの「ダヴィデ像」、ミュロンの「円盤投げ」のような西洋彫刻ばりの美しい肉体美だったら……。でも「ラオコーン像」みたいだったら、ちょっと困惑。そういえば海外の男性って、上半身裸で寝てたりしますよね。なんでだろう。

■仕方ない、条件付きでOK

・「私といるときは服を着てほしいと伝える。受け入れがたいから。」(32歳/不動産/事務系専門職)
・「何も突っ込まない。彼のライフスタイルだから。だけど強要をしてきたらやっていけないと思う。」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・「暑いとか理由があるなら、いいと思う。」(22歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)
・「私の目のやり場に困るので、せめて下着くらいはつけてほしいとお願いします。」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「私に強要しなければそのままでよし。」(34歳/医療・福祉/専門職)

相手の希望は尊重しつつ、理由によってはOKだったり、妥協点をみつけるという方法です。暑がりであることと、家の中が温かい(暑い)のと関係がありそうです。彼が自宅でどんな格好で過ごそうと自由ではあるので、お互いが気持ちよく過ごせるちょうどいいポイントを探るといいのかも。上半身裸だとお腹を壊しそうなので、肌着一枚ぐらいは着てほしいな。

■OK、気にしない

・「その人の習慣なのでそのままにする。」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「時間がたてば気にならなくなりそう。」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・「別に構わない。そのくらいいいと思う。」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「それでリラックスできるならいい。」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

まったく気にならないという方と、自分も心当たりがあるのでOKという声です。家族と同居だと困りますが、一人暮らしならではの開放感ですよね。海外の例ですが、パソコンに内蔵または外付けのWEBカメラを悪用して、女性を盗撮していた男性が逮捕されました。パソコンをウイルスに感染させて、相手のWEBカメラを遠隔操作していたそうです。

■まとめ

裸族の相談をネットの匿名掲示板で調べてみると「結婚を気に10年かけて卒業した」「同族と結婚したので、2人で裸族のまま」「こどもが生まれてからはやめているけど、家で1人のときは裸族に戻る」など、完全にやめるのはなかなか難しいようでした。体にまとわりつかない薄手の短い服を、徐々に着て体に慣らしていくといいそうです。もし、裸族の彼にお困りだったら試してみてくださいね。

(Spinof Design)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数154件(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]