お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

見ていて痛い……男子が「若作り」認定する女性の特徴4つ

ファナティック

実年齢より若く見られると、うれしく思う人は多いのではないでしょうか。しかし、無理に若者ぶっていると「若作り」と思われることも。今回は、社会人男性に若作りだと思う女性の特徴について聞きました。

■若者のようなメイク

・「涙袋を作るメイク」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「原色系の派手すぎるメイクは、若いから許される感じがする」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「20代からメイクが変わっていない」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

メイクの流行をつかむのはオシャレですが、年齢のちがう女性が若者と同じメイクをしていると、かえって浮きますよね。また、いつまでも同じメイクをしていると違和感が出ることも。

■短いスカート!

・「40代に突入しておいて、スカートとロングブーツの組み合わせ」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「ミニスカでがんばる女性」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「髪の毛を不自然な色に染め、短いスカート、高いヒール」(38歳/情報・IT/技術職)

若い女性の脚線美を表現するミニスカート。大人っぽいスカートだったらよいかもしれませんが、あまりにも子どもっぽいスカートだと「若作り」と思われてしまうようです。

■ガーリーなファッション

・「ピンク色の服を着る」(34歳/金融・証券/専門職)

・「ピンクの小物を大量に持っていること」(36歳/金融・証券/営業職)

・「フリフリ服には年齢的な限界がある」(31歳/機械・精密機器/技術職)

ピンク色は女性らしさを表現してくれますね。ですが、多用していると甘過ぎますし、頼りないイメージも出てきます。年齢に合った女性らしさを取り入れたいものです。

■ギャルっぽい格好

・「ギャルメイクをしている20代半ばの女性」(33歳/電機/技術職)

・「渋谷系の格好をしている30代の女性」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「身に付けるものが安っぽいというか、ギャルっぽい。口調もどこか軽いノリで中身がまるでないように映る人」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

ギャルファッションも大人になってやっていると軽く見られてしまうことも。見た目は第一印象を決める大事な要素です。

■まとめ

自分のこだわりや好みを大切にすることも大事ですが、例えばそれが“過去の栄光”だったとしたらただ変化が怖いだけなのかしれません。変化を恐れずに、新しく似合うメイクやファッションを取り入れたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数113件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]