お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

学年一の美人だったあの子が……友だちのオバサン化に驚く瞬間4つ

ファナティック

同窓会や結婚式などで久しぶりに女友だちに会ったときに「この子、本当に私と同じ年だっけ?」と女友だちのオバサン化に驚いた経験はありませんか? 今回は、女友だちのオバサン化に驚いた瞬間について女性のみなさんに聞きました。

■太ってしまった!

・「太って体型が変わって、格好も気にしなくなっていた」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「体型がぽっちゃりしていて、歩き方が若々しくなく、老けて見えた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「10キロくらい太って大きくなっていて見ちがえたこと」(26歳/医療・福祉/専門職)

若いころはスレンダーだった女性も、加齢とともにだんだんお肉がついてきてしまいますよね。代謝が落ちるのも原因ですが、本人の不摂生もありそうで、友だちとしては残念です。

■服装が地味に……

・「ファッションが同年代とは思えないほど地味でダサかった」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「華がなくなって、着ているものも暗く地味になっていたこと」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「いつもピンヒールを履いていた友人が、子どもができたとたん運動靴になった。機能性をとった感じがちょっと残念に思えてしまった」(31歳/情報・IT/営業職)

ファッションがガラリと変わったことに驚く声も。環境の変化でファッションが変化するのは仕方がないことだとしても少し寂しく感じてしまうこともありますね。

■シワだらけになった

・「目じりに細かいシワがたくさんあって引いた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「顔のシワが目立つようになり、ハリや潤いが感じられなかったとき」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「目の下のシワが増え、白髪の本数が増えていた」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

比較的若い人でもほうれい線などのシワを気にすることがありますが、目じりのシワはいかにも年を取った感じがしてつらいですね。

■肌がボロボロ!

・「肌がシミだらけだった」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「結婚して子どもを産んだ友だちは、毎日スッピンで髪ボサボサ。ひどすぎる」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「肌がボロボロで年上に見えた……」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

毎日のお手入れがモノを言うお肌。ストレスや環境の変化のせいかもしれませんね。

■まとめ

いかがでしたか? オバサン化したのにはストレスや環境の変化などさまざまな理由がありそうですが、美しく年を重ねたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数109件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]