お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

美白ケアをしているけど「小麦色に焼きたい!!」と思う瞬間3つ

ファナティック

透明感のある美しい肌を手に入れようと、日々スキンケアに励んでいる女性は多いのでは? でも、小麦色の肌にだって魅力はありますよね。そこで今回は、女性のみなさんに「美白ケアをがんばっているけれど、『小麦色に焼きたい!』と思った瞬間」について聞いてみました。

■小麦色の美人を見て……

・「健康的なモデルを見たときに、自分のスタイルを確立していてうらやましいと思う」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「テレビで、かわいい子が小麦色になっているのを見たときは、焼いたほうがいいかなって思ってしまう」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「小麦色でキレイな女性を見ると、素敵だなって自分もやりたくなる。が、焼いたことがないので似合わなかったら怖くてできない」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

モデルさんや、女優さんの中には、健康的な小麦色の肌をしている人もいますよね。小麦色美人を見ると、ついつい「自分もああなりたい……」なんて思ってしまいます。

■心地いい日差しの下で

・「リゾート地へ行ったとき。思いっきり太陽を浴びてリフレッシュしたいが、後々のことを考えると躊躇してしまう」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「ハワイやグアムに旅行に行くとき」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「リゾートに行くとき。ドレスや水着が似合いそうだから」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「夏の日差しが心地よく感じたときに、たまにそう思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

気持ちのいい太陽の光を浴びて、開放的な気分になると、「この光のパワーを存分に味わいたい!」という気になるのも分かります。ただ、焼けたあとのことを考えると、なかなか踏み切れませんよね……。

■アレが隠せそう

・「肌が白くて、毛穴が目立つとき。小麦色に焼いたら、毛穴が目立たなそうだから」(30歳/情報・IT/その他)

・「肌のアラが目立つとき。肌が黒いほうがアラは目立たないから」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「痩せて見えそうだから、少しあこがれる」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「シミが出てきたりすると、いっそ小麦肌になれば目立たないのではと思うことがあります」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

たしかに、肌の欠点やトラブルをはっきりとわかってしまう白い肌に比べると、小麦色の肌のほうがパッと見たときにトラブルなどはわかりにくいかも。ただ、日焼けをしてそのままにすると、それこそシミなどのトラブルにつながってしまうので、難しいところ……。

■まとめ

小麦色の肌にも十分に魅力はありますが、紫外線を浴びることで起こる肌のトラブルのことを考えると、やはり二の足を踏んでしまいがち。チャレンジするときはじっくり考えてからにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月11日〜16日
調査人数:153人(22歳〜34歳の働く女性)

★日焼け止めってクリームとスプレーどっちが効果的?

日焼け止めってクリームとスプレーどっちが効果的?

お役立ち情報[PR]