お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

太い●●に弱い! 女性がこっそり教える「フェチ」9

ファナティック

みなさんには、自分だけかもしれないと思うような、男性に対する「フェチ」を持っていますか? 人に知られたら「え?」とビックリされてしまいそうなこだわりだけど、自分にとっては無視できない大事なポイント。今回は、異性に対するフェチについて女性たちにアンケートで聞いてみました。

■セクシーに見える部分

・「鎖骨周辺にほくろがあるのが好き。色っぽい」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「手の甲。白くて華奢な男性の手がセクシーに見えてしまう」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

男性のセクシーさを感じるパーツというのはいくつかあると思いますが、それがあまり一般的なものでない場合「私だけのフェチかも」と思ってしまうようです。ほかの女性にはわからない、自分だけの「セクシーポイント」はある意味で男性と取り合いにならず幸せかも!?

■男らしさを感じる部分

・「腕の浮き出る血管」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「ゴツゴツした指。字を書いているときに男性らしくてみとれてしまう」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「胸板の鼓動を聞く。力強い鼓動にたくましさを感じるから」(31歳/金融・証券/専門職)

・「太い声。ドキドキするんです」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

男らしい人が好きという女性は多いでしょうが、それをどこで感じるかというのはさまざま。声を聞いただけでドキドキしてしまう人もいれば、指先に見とれてしまう人も。

■このファッションが好き!

・「タートルネックを着ている男性になぜか弱い」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「スーツフェチ。スーツ姿の男性は素敵なので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「黒ぶちのメガネが似合う人が好き」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

男性個人というよりもそのファッションをしている男性にドキドキしてしまうという女性も。自分のツボにはまるファッションをしている男性を見ると無条件でキュンとしてしまうということでしょうね。

■まとめ

「どうして?」と聞かれてもうまく理由が説明できない自分だけのフェチ。男らしさにキュンとする人もいれば、セクシーさにドキドキしてしまう人もいるようです。あなたには、自分だけの異性に対する「フェチ」はありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月11日~13日
調査人数:131人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]